FC2ブログ

DSC-RX100M3 があらわれた!

気がついたら新しくなってた(ぉ

NEX-7(レンズキット)と SEL35F18 と DSC-RX100M2 を売却して、ようやく購入金額に届きました。
1年待って値下がりしたところで買い換えするつもりが、なんてこったい(苦笑

レンズ一体式カメラの優位な部分を実感させてくれた "M2" からさらに進化した "M3"、
さっそく外観レビューをしてみます。


IMG_0067

何気に "Carl Zeiss" が "ZEISS" に変わってることに気付いたり。
アタッチメントグリップ(AG-R2)をさっそく着けたものの、鏡筒が前機種より若干長くなっているせいか、
カメラポーチから取り出すときにうっかりレンズバリアに触りそうになるんですよね。
まあ、慣れればいいって話なんですが。

あと、想像以上に重量感を感じます。M2 がバッテリー&メモリー込みで約281g だったことに対し、
M3 は約290gと10g程度重くなっています。
前機種のユーザーだったからこそ感じるこ違いかもしれませんが、個人的に唯一マイナスと感じた部分。


IMG_0064

RX100M2 を使っていたときは、アクセサリーシューはあってもなくてもどうでもよくって、
逆に RX100無印のつるっとした感じがちょっと好きだったので、今回のモデルチェンジによるシューの廃止は
賛成でした。ここは個人的にプラスと感じた部分。


IMG_0065

話題の自撮りもできるようになったバリアングル液晶ですが、可動部が一新されたおかげで、
M2 ではいったん液晶上部を引き倒さないといけないといった使いにくかった部分が解消されていました。

バリアングル液晶付きのコンパクトカメラが欲しくて RX100 シリーズを選んだおれとしてはうれしいポイント。


IMG_0062

そして、一目見たときからダサいと思っていたポップアップ式内蔵ファインダーの"PULL"シールは速攻で
剥がしました。ファインダーの見え方についてはもう、語るべき言葉が見つからないくら素晴らしいです。
これを作ったシェフry


IMG_0061

T* ロゴはちゃんと刻印されていました。
一部 「印刷だった」 という話もありますが、微細な刻印なので本当にじっくり見ないと刻印か印刷か判別は
難しいですね。むしろ印刷と見えたのはインクの量が気持ち多かっただけだったりして、とも思っています。

さておき、当初はただの飛び道具程度としか思ってなかった、内蔵ファインダーの出来が想定外に良かった
おかげで予定より早くこのカメラを手にしたので、
これから休みのたびにあちこちぶらぶら撮りに行きたいと思います。
特に、天気が良くて液晶モニターが見づらくなるようなシチュエーションだったらワクワクしますよね。

とりあえずは今月下旬の太閤山ランドのあじさい祭りからスタートしようかな。

梅雨入りしちゃったけどね・・・。




DSC-RX100M3 のファインダー

職業柄、家電量販店には嫌でも足を運ばないといけないんですが、今日行ったところでは
30日に発売されたばかりの DSC-RX100M3 が、さっそく展示されていて軽く驚きました。


M3-Finder.jpg

一緒に展示されていた DSC-RX100M2 と代わる代わる持ってみて、投影面積の違いをチェックしたり、
レンズ径の差を見比べたりしつつ、いちばん気になってた内蔵ファインダーをポップアップさせてみて覗き込んで
みたんけど、まあヤバいっすね、コレ(苦笑

NEX-7 のファインダーにしろ、光学ファインダーでないタイプのもの独特のジラジラした感じが好きではなく、
実際にせっかくファインダーを内蔵している NEX-7 でもほとんどファインダーを覗いて写真を撮ることは少ない
んですが、この DSC-RX100M3 のファインダーはヤバい。
これが高級レストランだったならば、これを作ったシェフをテーブルに呼びつけたくなるくらい、美しい。

DSC-RX100M2 も M3 も液晶はもともときれいなんだけれども、どのカメラにも言えるように好天の太陽光の
下では見えづらくなるもんなんです。
そこへきて、DSC-RX100M3 のファインダーの出来の良さったらもう、買い換えプランを組み直して今からでも
使ってみたくなりましたね。
まだ実機を触ってない人がいたら、ぜひお早目にご体験を・・・。

我が家のカメラの勢力図を、一気に塗り替えんばかりの完成度に震えています。


とりあえず、引っ張り出したファインダーを引っ込めたら電源落ちる仕様はなんとかしてほしいけどね(笑

あと、褒め言葉ではないけれど、ミラーレス一眼も出してるのにそれらを一蹴せんばかりのコンデジを
作っちゃう SONY のそんなところ、嫌いじゃないです。


ソニー デジタルスチルカメラ「RX100M3」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100MIII DSC-RX100M3ソニー デジタルスチルカメラ「RX100M3」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100MIII DSC-RX100M3

ソニー

商品詳細を見る


DSC-RX100M3 の国内発売が決定

つい前のめりになって記事にしてしまった後から、日本での正式発表が16日ということを知り、
ほどなくしてあれよあれよと情報が滝のように公開され、とどめは発売が今月30日とな!

DSC-RX100M3 | サイバーショット | ソニー

DSC-RX100M3.jpg

気になるお値段は 88,000(税抜) 。つまり今の時点では9万越えのコンデジか・・・。


DSC-RX100M2 と比べて羨ましいと思ったポイントとして、あのポップアップ式のファインダは当然ながら、
NDフィルターを内蔵(絞り値にして3段相当)していると聞いて思わずのけぞりました。

実は、愛機 "M2" 用に純正のフィルターアダプター 『VFA-49R1』 を注文したところだったんですよ・・・。
一緒に発注したのはケンコーのPLフィルターでしたけど・・・。

NDフィルターって何気に高価なので、正直ビビりましたよ。おそらくはタイムラプス使用時に活かせるん
でしょうかね。これならちょっとこの機会に遊んでみたくなる。
ただ単に機能を追加するだけではなく、それに必要とされると思われるものまで内蔵させちゃうん
だから、愛があるなあ。

とは言え、すぐに手に入れる甲斐性はないので、しばらくは実機動画でも眺めていましょうかね。




■FIRST LOOK_ Sony RX100 III Camera with built-in EVF
By Olivia Speranza & Kenta (Sony Digital Team) in "SGNL"



■Detailed hands on with the Cyber-shot_ RX100 III
By Ben Pilling (Technical Marketing Manager : Sony Europe)



■TCSTV Shorts_ Sony RX100 Mark III First Look
By Chris Niccolls : The Camera Store TV



ソニー サイバーショット DSC-RX100M3ソニー サイバーショット DSC-RX100M3


商品詳細を見る

DSC-RX100M3

うわさ話("rumors")をネタにするのはキライな主義なので今まで触れずにいましたが、
愛機 DSC-RX100M2 の後継となる "DSC-RX100M3"の新製品発表が、ロンドン時間の5月15日に
行われると知って、内心穏やかではなかった今日この頃です。

早川厚志氏著の『新定番! iPhone アプリガイド』にて紹介されていた、「世界時差時計」で現地時刻をチェックし、
漏れ伝わって来るヨーロッパ圏・カナダ圏の価格を同じく「Currency」で日本のレートに換算しては、
いつ正式に発表になるのか溜息ついて震えていました(ぉ
ちなみに米ドルでは849.99(86,650円)、カナダ・ドルでは899.99(84,300円)だそうで。
いずれも5月15日の為替レートです。

pSNYNA-DSCRX100M3_alternate2_v500.png

で、公式(カナダ)画像が、これ。
うわさ通りに ファインダーを内蔵してきやがった・・・。代わりにアクセサリシューはバイバイっと。
ストロボがなんだか頼りない感じになってますが、個人的にはフラッシュ焚かない派なので気にしません。
外観的には M1 と M2 を足して2で割った感じですね。
もともとチルト式液晶搭載のコンパクトなカメラが欲しくて DSC-RX100M2 を選んだ身としては、
マルチ・インタフェース互換のアクセサリにはそれほど興味がないので、今回の仕様変更は
より自分の理想に近いものとなっちゃっててヤヴァイです。


pSNYNA-DSCRX100M3_alternate4_v500.png

このファインダーの見え方がどんな塩梅なのか、とても楽しみですね。
外観の第一印象で言うと「FDA-EV1MK」の方が(高価だけど)頼もしそうだなあw


pSNYNA-DSCRX100M3_alternate9_v500.png

いちばん驚いたのが、この自分撮りも出来るようになったチルト式液晶モニタ。もしかして、
今までレンズ交換たことない・結局必要としなかった NEX ユーザーが食いついちゃうんじゃないかしら?

これがあれば兼六園で嫁とラブラブで高精細なツーショット写真撮れたんだよなあ・・・。

サイズ的にはM2 が 幅101.6 x 高58.1 x 奥38.3mmで、 M3 は幅101.6 x 高58.1 x 奥41.0mm !
厚みが約2.7mm増した感じですが、これがボディ側なのかレンズ側なのかは実機で確認したいところ。
ちなみに重さはバッテリー+メモリ込みで約281gから約290gに。大して変わってない!

肝心のレンズ性能が、これまた従来の 28-100mm相当 の f/1.8(W) -4.9(T) の Carl Zeiss Vario - Sonnar T* から、
24-70mm 相当の f/1.8(W)-f/2.8(T) に。個人的には100mmまでの画角は要らなかったので、ちょうどいい感じ。
で、これのどこがすごいのかというと、一般のレンズってズームすると暗くなるのが普通なんですよね。
なので 露出(SS) や感度(ISO) と相談しないといけないんですが、それを咄嗟にやるとなるとついブレたり
ノイズが目立ったりすることがあります。(マニュアル露出派なので・・・)

でもズームしても f値が2.8もあることで、露出(SS)を稼げて手ブレしにくくなり、いろんな場面で扱いやすくなります。
これは羨ましいアップデートですね~。

また兼六園の話になりますが、園内の小川にカキツバタが咲いていてですね、これを撮ろうと思うと
実は散策路からちょっと距離があるんですよ。他にもそういう場所が意外と多いんです。
そういう状況でズーミングしても暗くなるし、かといって ISO を上げると白飛びして見づらいし、
シャッター・スピードを遅くするとブレてしまう。しまいにモタモタしてると嫁に置いていかれるしというわけで、
あのときこれがあれば、もっと気ままに自分の感性の趣くままに写真撮れたかなあ、と。


さすがにスタート 8万円近くからだとそうそう買い換えできませんし、おれはまだ半年しか M2 を使っていないので、
”もしも” 買い換え or 買い増しをするとしたら、価格のこなれたころであろう1年後くらいかな。


デジカメinfo:ソニーアーカイブ「DSC-RX100M3

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク