デザインあ展 in TOYAMA に行ってきた


富山県美術館にて 5月20日まで開催されている、『デザインあ展 in TOYAMA』 に行ってきました。

DSC03755

調べてみると、2013年に東京ミッドタウンで開催されて以来、5年ぶりだとか。7月には東京でも開催されるとのことで、それに先駆けて体験できるなんて、富山に生まれて良かった!


DSC03730

会場入りして最初のセクション、お弁当の梅干しになれるやつ。行列ができていたので、おれだけ並ばされて家族は先に好きなところを見に行ってしまいました。


DSC03734

今の時代、性別を色で決めるのはナンセンスだと思ったやつ。人はそれぞれのカラーを持つもんだ。他者に決められることなどないはず。これが5年前の展示をそのまま持ってきたものだとしたら、それはちょっと・・・と思っちゃう。


DSC03754

タッチパネルの画面に自分の名前を入力すると、その文字が顔のパーツに置き代わるという装置。最初、なにがなんだか分からずに触ってみたけれど、これ面白いわー。顔を構成するものの形と文字の形を融合させるとは、錆びついた感性が揺さぶられるぜ。


DSC03750

いくつかのアングルから同じ対象をモデルにデッサンするやつ。これは花見といっしょで場所取りが肝心かと。おれはそもそもこの自転車の置き方自体が気に入らなかったのと、絵を描く場所が固定されていたので不参加。なんなんだこれ、自由度の低い”アート”やなあ(ぉ。


DSC03741

しかし、それでも果敢にチャレンジする画伯。保育所の年長さんなのに係の人に小学生に間違われること2回(実話


DSC03751

次はママの番。ふだん、おれ以上に人混みが苦手なのに、この日は珍しく付き合ってくれた。


DSC03752

描いたデッサンは、スキャナーで読み込んでプロジェクターに投影されるはずが、システムの不調で数度にわたりエラーを起こしてました(苦笑。


DSC03753

(係の人が)気を取りなおして無事投影できた、画伯の作品。


DSC03756

次は、「あ」の文字をもとにデザインを広げていくやつ。商業デザインとか好きだったり、得意な人にはストライクゾーンですよね。おれは抽象画を描くのが好きなほうなので、こういうのは超ニガテ。

あと、せっかくデートで来てんのに、自分のセンスの高さをひけらかしたいのか、すごい集中して絵を描いている男の子が多かったですねえ・・・。彼女ほったらかしで(笑 そんな余計なことばかりに目がいってしまう人間観察魔なのであった。

このコーナーには来場者の作品も展示されていましたが、中には明らかにこの場で用意されていない画材を用いているものが散見されていたので、なんだかなあと。きっと自宅に持ち帰って時間をかけて描いたあと、後日あらためて作品投函ポストに入れたっぽい。

入場料 1,300円 を2回払ってでも目立ちたいんかと。


DSC03757

というわけで、どの作品も発想そのものはとても素晴らしいと思うけれど、既知のものをちょっと切ったり歪めたりしただけに過ぎない、ベースの形からいまひとつ抜け出せない歯がゆさを感じなくもなかった展覧会でございました。

もともとのコンセプトとして世の中に存在するモノの形の面白さを子供たちに気づいてもらうには、ちょっとパンチが足りなかったんじゃないかな。家族で参加するイベントとしては楽しかったけれど。





スポンサーサイト

THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018 に行ってきた


「あなたのドラえもんをつくってください。」―

国内外で活躍する28組のアーティストたちにそんなお題を投げかけて制作された作品を集めた、『THE ドラえもん展』 が 2018年3月16日(金)から5月6日(日)まで、高岡市美術館にて開催されています。

SDIM1420

入場料は一般(ふるさとギャラリーを除く)1,300円、4歳から小学生までの年端もいかない子供は500円です。

昨年の秋には東京は六本木ヒルズで開催されていましたね。 - THE ドラえもん展 TOKYO 2017


SDIM1416

2時間無料の地下駐車場にクルマを停めて地下入口から美術館に入ろうとしたら、なぜか外に出てしまいました。 何を言っているのか分からないといますが、おれも何をされたのか分からなかったです。建物の構造が凝りすぎているおかげで軽く遭難しかけました(

さてさて、この作品展は写真撮影がOKというエリアが多く、逆に写真撮っちゃダメとされる作品のほうがむしろクソつまらない感じでした。


DSC03707

DSC03708

DSC03709

大好きな梅佳代先生の作品。”視点はいつもこうでなきゃ” と思わずにはいられないものばかり。


DSC03710

表紙カバーのないところなんか反則。


DSC03712

今回の作品展の見所の頂点はこの巨大しずかちゃん・・・ではなく、このあと地下展示室に案内されてから観ることができる、とある作品だと思います。さながらあの「ブラックボックス展」のように暗幕で仕切られた狭い部屋に入るわけですが、子供とではなく自分一人で来たことを後悔するくらい、ずっと何時間でも見ていたくなる作品でした。

会期は長めだし、いつか次男を連れてもう一度来ようかと思います。


SDIM1419

せっかく来たので、美術館を出て少し待ってから近くのJR氷見線・越中中川駅の踏切でハットリ君列車を撮りました。この日の気温は20℃にも届こうかというくらいの暖かさで、つい 「まじま」 の十段ソフトを食べたい気分になりましたね~。




東京カメラ部 2018 写真展 in Hikarie


Tokyo Camera Club

今年も CP+ は日程の調整が付かず、横浜行きを断念することにしました。いえね、個人的にこの2月から3月にかけての月末月初の開催だと、ホント難しいっす。できることなら一泊はしたいところでも、次月の休日も分からなければ宿の予約も取れないし、日帰りでと一瞬考えたけれど、体力が持たないしなあ。というわけで、CP+ に行かない代わりに、ゴールデンウィークに開催される東京カメラ部の写真展に照準を合わせることにしたという次第。

東京カメラ部 2018 写真展 in Hikarie

こちらは日程に余裕があるし、時季も良い。これまでも何度か来てみたいと思ってはタイミングが合わずに行けたためしがないので、今年こそはと思っています。あと、子供たちも休みに入るので、今回は新幹線がおとな料金になる前に次男を連れて来ようかとも考えています。そこで、そうなればというつもりで行動計画を立ててみました。当然ながら予定は未定で、もしかしたらおれ一人で行くかもしれないです。

さて、せっかくまた上京するのなら、渋谷に行く前にちょろっと都内を散策しようかな。あまり詰め込み過ぎは良くないけれど、ついついあれもこれもと考えてしまう(苦笑。そんな感じの自分メモを書いていきます。


■銀座天賞堂


なんで?と思うかもしれませんが、ここの建物の角には弓矢で武装した天使がいるらしいじゃないですか。次男を連れて来るなら、ここで面白い写真が撮れるかなあと思って。あと、東京駅から有楽町まで歩くの、けっこう好きなんです。


■宝童稲荷神社


天賞堂から徒歩1分のところにある神社。おみくじがクリアフィルになっているというのをテレビで知ったのが最初で、気になっているのでいちど来てみたいと思っていました。場所は銀座天賞堂のある区画だし、ちょうどいい。


■マクセルアクアパーク品川


上記の2ヶ所を訪れた時点で、次男からは 「つまらん~つかれた~かえりたい~」 と言われるのが目に見えているので、銀座駅から山手線に乗って品川へと向かいます。昨年ネーミングライツがエプソンから代わった、品川プリンスホテル内にある水族館。次男の好きなサメもいるようなので、ここで機嫌取っておこうかと。

あと、たしか近くに釣り堀あったよね。有名なところでは市ヶ谷駅の目の前にあるフィッシュセンターの聞き覚えがあるけれど、品川にもあることを最近知って、水族館に行く前の肩慣らしにでも行こうかなと思います。


ちなみに、山手線を外回りではなく内回りで行った場合も考えて、池袋のサンシャイン水族館が頭に浮かんだことがありましたが、上野を通過するなら国立博物館で恐竜の化石を見せてやりたいとも思ったけれど、それでは時間がいくらあっても足りないため、ちょっと迷い中。

■国立科学博物館


Ueno2

でもとりあえず、周辺エリアの下見だけでもしておこうと Google マップで遊んでいたら、どこかで見たことのあるクルマが!
・・・でも、撮影日が9月なので断じておれのクルマではありませんw

国立科学博物館、たしか8年くらい前に家族でディスニーランドへ行ったときのついでに立ち寄ってみたら休館日だったんだよねぇ。昼食難民にもなっちゃって、東京文化会館のレストランで食事したっけ・・・。


■無添くら寿司品川駅前店


アクアパークからは品川駅の反対側ということで、行かないかもしれませんが、いちおうランチの候補に。子供連れなら無難なセンかと思ったけど、きっと混むんだろうなあ。それに、案外高低差もありそうだ。


■渋谷ヒカリエ


そして、ようやくヒカリエへ。ここまでで 14時から15時くらいであれば、帰りの新幹線の時間も余裕が出るかなと。18時台の便に乗れば21時前には帰れるのでママにも怒られない。逆に、どうせ翌日も(次男は)休みだし遅くなってもいいじゃん、と開き直ってヒカリエに来る前に国立科学博物館に行っちゃったりなんかしちゃったりしようかとも思いました。

また、どうせ山手線を外回りで移動するのなら、渋谷へ向かう途中にこんな寄り道をするのもアリかなと思ったり。

■肉の伊吾田


品川駅で京浜東北線に乗換えて大井町駅から東急大井町線に乗り継ぎ、中延駅で下りて中延商店街にあるお肉屋さんへ。ここは、以前 ”こどグルマスター” こと B氏一人寂しく公園でコロッケを買い食いしてたときに訪れたお店で、物心ついたときから地元の生活圏に商店街のなかった商店街童貞のおれとしては、こおうした商店街を散策するのはちょっとした憧れでもあるんですよね。

そんな感じで、限られた時間の中でなるべく色んなところを訪れて、たくさんの人に会えたらなと考えていますが、何はともあれ 3月中旬までには決めたいと思います。


・・・ハルキさんにはチェキ持たせようかなあ。





ナハトカ。


”ようやく 「私の写真」 を迷いなく表現できた” という紗々さんの写真展が、2017年9月6日から9月11日までの5日間 『OCO GALLEY 』 にて開催されました。

SDIM0666

場所選びからグッズまですべて手作り、会期中の5日間ずっと在廊し、来場者ひとりひとりに丁寧に笑顔で話しかけるというその姿、すごいと思いました。そして、作品ひとつひとつへのこだわり、被写体を見つけたときのイメージそのままの色をプリントで表現するまでの試行錯誤、そのエネルギー。どれひとつをとっても、彼女はひとつもブレずにやり遂げてしまう。


SDIM0664

目で見た被写体の色、脳内で湧いたイメージの色、心で受け取った色、カメラの液晶モニターに映る色、PCモニターを通して見る色、プリンターから出力される色、写真一枚撮るだけでもこれだけの色の違いが生まれます。

それをきちんと自分の納得する形で表現しようとする姿勢は、プリントを放棄し、PCモニターに映る色だけで写真を選別し、ブログや SNS にアップするだけのめんどくさがりのおれには、逆立ちしてもでんぐり返ししても側転しても、とてもとても真似できないくらい。


SDIM0665

4年前、CP+で初めてお会いしたときにサインしてもらったダンボーのプラモデル、この写真を撮る前に落っことしちゃって片脚が折れちゃった・・・。そこを「脚なんかただの飾りです」とばかりに撮影のお手伝いをしてくれたのは、ソニーショップ・テックスタッフの店員佐藤さん。


SDIM0667

今回の写真展のキーアート的な一枚。この色といい、切り取り方といい、ほかのどの作品もそうだったけど部屋に自然と溶け込めるような肩肘張らない優しさがある傍ら、沖縄旅行中に閃いて”写真展を開こうと思った”とこだわり抜いた17の風景、行きずりの恋なんかじゃない、出会うのは必然だったものだと感じました。きっと同じものはもう二度と撮れない、だから写真は面白い―。

おれも、こういう撮影旅行したいなあ・・・。


SDIM0669

ふと、カウンター奥のたくさんの花束に埋もれていた紗々さんの愛機が目に止まったので、一緒に撮らせてもらいました。このX-T2こそもう一人の主役でしょう。


SDIM0671

まさかここで会えるとは思っていなかった友人にも4年ぶりに会えたし、感無量。


SDIM0661

この先へと進む彼女の目には一体何が写るのだろうか、それをどういった形で伝えてくれるのか楽しみです。電車で4駅(地下鉄除く)の場所から、これからも応援していきたいと思います。



ジェットダイスケ写真展/空蝉


プラレールおじさんがまさかの写真家宣言から2年半、EIZOガレリア銀座にて初の写真展を開催・・・!
たぶんおれは行けない方向なので、関連リンクを自分メモとして貼りつつ鬱憤を晴らします(ぉ

ジェットダイスケ初写真展「空蝉」、EIZOガレリア銀座にて開催 期間:5月24日(水)〜6月3日(土) - UUUM



このとき彼が出演した富山のローカル番組は今も nasne に残してあるよ!


YouTuberのジェットダイスケさんが写真展をするというので話を聞いてきた - デジカメ Watch

4Kモニターで体験するジェットダイスケ写真展『空蝉』。高精細なセミを捉える救世主となったのはiPhoneでした - ギズモード・ジャパン

今年に入ってから何度か富山で撮影に同行させていただく(嗜好が合致するので)機会があり、先日も仕事中に抜け出して 海の駅蜃気楼でお会いできたのに、時間がなくて写真展の話を聞けずじまいというか、開催おめでとうって言うの忘れててゴメン、みたいな。

とは言え、写真展で公開された作品の題材がまた予想の範疇を越えて、蝉っすよセミ。
てっきり石神井公園で撮った翡翠(カワセミ)がメインかと思っていたら、どうやらカスリもしなかったようで・・・(苦笑

そして、実際に見に行った人たちの話を聞けば聞くほど、実際にこの目で見たくて仕方なくてハゲそう。
本当は昆虫の中では特に蝉なんてきらいな部類なのに、羽化直後の宝石のような美しさったら、あの子お前の何なのさ?
しかも、題材としての面白さに気づいてネタばらしもせずに温め続けていたジェットさんってば、ずるい!(笑

ガレリア銀座といえば過去に知人の写真家さんが何人も作品展を開催されていた場所。なので、すでに乗るべき新幹線の時刻とかは何度もシュミレーションしてきたのに、きたのに!

えーと、今月最後の休みは野々市までとある電機メーカーの内覧会にお呼ばれされちゃったんで、そのついでにまた小松まで行って飛行機でも撮って来るしかない感じだ症だし、6月最初の休みは次男との親子遠足だしなあ、なんて。


ジェットダイスケ氏が写真展「空蝉」 - mono-logue

Saika_zannen

サイカ先生、やっちまいましたね(苦笑。美術館系は月曜日が休みってところも多いし、企業系では週末は要注意なので、戦いの中で戦いを忘れることがないように自分も気をつけたいと、今回に限らずつくづく思いました(







こんな感じで、別々の角度で同じ時間を共有できるのも動画レビュアーの武士(もののふ)たちが集合できる場だからならではの芸当なわけで、臨場感があって面白いなあ。

ジェットダイスケさん初の写真展!「空蝉」に行くと写真の概念が変わったぞ! #ジェットダイスケ - むねさだブログ

有名なブロガーさんたちがこぞって観に行っているこの写真展、ジェットさん本にも ”これは体験だ” 言い切っているので、行ける人はぜひその目でデジタル・ネイティブの高精細作品(らしい)を観に行っちゃいなよ!


写真は勝ち負けではないけれど、ジェットさんが蝉なら、おれはカタツムリでがんばろうかな・・・。もうじき梅雨だし。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR