富山市科学博物館に行ってきた③


夏休みになったらプラネタリウムを観に来ようと思っていたけど、なんだかんだと用事があって8月も半ば過ぎになってしまいましたが、久しぶりに富山市科学博物館にやって来ました。

富山市科学博物館に行ってきた② - 2016年10月8日
富山市科学博物館に行ってきた - 2016年5月4日
富山市科学博物館 - 2014年7月26日

DSC03289

この日の天気は雨、ていうか今週はずっと雨の予報。なので、近場で屋内で子供と遊べる施設といえばここ一択。しかも、年間パスポート(1,000円)を持っていればふらっと行ってもお金を払わなくていいし、プラネタリウムまで無料ときたもんだ。そのおかげか、今まで経験した中でいちばん来場者が多いように感じました。


DSC03307

目当てのプラネタリウムはこれ、動物学者デイビッド・アッテンボロー博士(91歳)の 『ミュージアム・ライブ』(2014年制作)。まさかと思いましたが、映画監督で俳優のリチャード・アッテンボロー(満90歳没)は彼のお兄さんでした。兄弟ともに長寿って素敵。

この日の上映は10:00 からと13:30 からの回。もともと昼からのんびり遊びに来るつもりだったのに、つい朝のうちから「科学博物館に行こうか」 なんて言ってしまったおかげで、予定してた時間よりも早く連れて来させられるハメに。10:00 の回には間に合わなかったので、ここは開き直ってゆっくり過ごしますか。お腹が空いたら途中退出してどこかへ食べに行けばいいし。


DSC03306

ふだん、わりと近くに来たついでや何かのついででほんの小一時間程度見て回るだけのことが多かったこの博物館も、腰を据えて周りを見てみると、けっこう新鮮な気持ちになれるもんですね。


DSC03257

アンキロサウルスの足跡の化石なんて、公開されてから2年くらい経つはずなのに初めて気が付いたぞ(ぉ


DSC03259

ド定番の”ティラちゃん”。 次男がまだ小さかったときのように怖がって近寄れない子供が多くて微笑ましかったなあ。そのうちみんな怖がらなくなるんだよね~。しきりに「これロボット?、ねえこれロボットだよね?」って叫んでる子がいたけど、そういうのは胸にしまっておけ。


DSC03263

昔は絶対そばに寄れなかった次男も、すっかり仕掛け(センサーに手を触れるとリアクションしてくれる)を理解して遊んでいました。指の絆創膏は一ヶ月くらい前にクルマのドアで挟んじゃったときからのもの・・・どうやら爪母を傷めてしまったらしく、爪が剥がれそうになったまま下から新しい爪が生えてこず、もしかしたら2本とも一生このままかもしれない。


DSC03261

ガリミムスの指の爪―。


DSC03302

外は相変わらずの雨。でも今日は雨でいいんだ。


DSC03265

上の子たちと違って図鑑を眺めるのが好きな次男。この読書スペースも、彼と来るようになるまでは一度も足を踏み入れたことがなかったりする。


DSC03301

あ、来てるシャツが後ろ前だ・・・。


DSC03273

読書に飽きたら2階にある「おもしろ実験ひろば」へ。この水のハープにしろ他の展示物にしろ、何度来ても飽きずにひととおり遊んでいくんだよね。特にこの”水のハープ”はおれも大好き。たしか、この施設の前身である「科学文化センター」のころからあったような・・・。



なので、科学博物館といえば ”この音” なんです。


DSC03270

夏休み期間中の特別展示として、『不思議まるわかり!空気があるから』 と題して、空気を使った何かをやっていたようですが、次男は興味を持たず。むしろ、いつもここに置いてあるサメの標本がないことに気付いてそわそわしてました。


DSC03274

でも、すぐに見つかった。恐竜もそうだけど、歯の多いサメも好きな子・・・。


DSC03323

ちなみに、こんな視点でした。


DSC03275

ツチクジラの骨格標本。クジラの骨格、とくに頭部って不思議な形をしていて、何時間でも眺められるくらいおれは好き。


DSC03324

脊柱っていったい誰が発明したんだろう。鳥も魚も犬や猿にもみんなあるんだぜ?
んで、それぞれが飛んだり泳いだり走ったりして生きている。その中心にあるのが、脊柱。もっと掘り下げて知りたくなってきますね。


DSC03328

そう思い始めると、亀の骨格すら素敵に感じられるようになりましたぞ・・・。


DSC03279

さて、しこたま骨格を眺めたあとは剥製コーナーへ突入。両生類って剥製(模型かも)にできるんだ・・・と軽く感動しつつ、見て回ります。もう何度も来ているのにこんなにじっくり回るのは初めてなのかも(子供たちの年が離れているのでいちいち覚えていない)。


DSC03280

なにこのハッテン場(行ったことないけど)みたいな絵面(


DSC03277

トンボの標本って、図鑑みたいに羽根を広げた姿で保存するのかと思ったら違うみたいだし、首をクイってやってるところをみると、一回アタマ取ってるよね、絶対アタマ取ってるよね。


DSC03282

結局今年も翡翠の写真はここで撮ることになりました(


DSC03290

そして、「おもしろ実験ひろば」 アゲイン。この発電機をカタツムリっぽく撮りたいと思っていたのがついに実現できたぞ・・・!


DSC03266

DSC03269

DSC03268

さあ、どんどん発電しちゃってー!しまくっちゃってー!!


DSC03291

子供が入れ替わり立ち代わりどんどん吸い寄せられていく磁石遊びのコーナー。


DSC03293

でも、ガジェット好きな大人には致命傷になりかねないダメージを食らわせる恐れのあるデンジャーゾーン。


DSC03294

地味なようで、こうやって体感しつつ遊べることは本当にいいことだと思う。外には閉館した旧県立美術館が。新しいほうにも行きたかったけど、たしか水曜日は休館日だったはずなので行きませんでした。


DSC03295

それはともかく、シャツ後ろ前。


DSC03287

ひとしきり遊んでも、プラネタリウムの時間までまだ1時間以上もあるし、ちょっとお腹空いてきちゃったよね。


DSC03315

とういうわけで、久しぶりに北陸のソウルフード、8番ラーメンに来てみたぞ。新庄店は初ですが、人気店なのかすごく混雑していました。そもそも、博物館から近い大泉にもあったんですが、微妙に土地勘がなかったので・・・。


DSC03312

おれは野菜ラーメンのCセット(唐揚げ&ポテト付き)、次男には野菜ラーメンをオーダー。


DSC03313

お店の人に量を聞かれたけど、5歳児ながら大人の量をふつうに食えるので 「ふつうで良いです」 とドヤ顔で答えたけど、子連れでの食事が想定されるときはその日の朝からコンディションを整えているから、次男が残してもおれが食うから大丈夫。―つまり、朝ごはん食べてないから腹ペコってことなんだが(ぉ


DSC03314

でも、そういうときにかぎって全量食っちゃうんだよなー。結局、野菜の残骸をきれいに片付けて帰りました。
ところで、この8番ラーメンは石川県に端を発するチェーン店ですが、店ごとに味が若干違うなんてよく聞く話。その中でこの新庄店はけっこう良い感じなんじゃないでしょうか。個人的に行く頻度が多いのは中川原店で、浦沢直樹の「MONSTER」を全巻読んだのもそこだったんですけど、居心地の良さならこの新庄店は負けてませんねー。


さておき、プラネタリウム。次男にはラーメン食ってるときに「プラネタリウム観るの忘れちゃったね」って言われたけど、ちゃんと再入場できるから無問題。でも、なまじ満腹で暗い部屋に質の良い椅子に座っていると当然眠くなるというもの。
冒頭の夏の星座のパートではガッツリ寝てしまいましたが、本編では恐竜がなかなか出てこなくて寝そうになる次男をちょいちょい起こしながら、プラネタリウムを楽しみました。

■公式トレーラー。科学博物館で観たのは吹き替え版でしたが、トレーラーはオリジナル音声。お兄さんのリチャードと声そっくり。


■メイキング・ドキュメンタリー



DSC03338

プラネタリウムを観終わって、駐車場まで歩く間の小散歩。次男曰く、”きょうりゅうのあし”みたいな木の根元。


DSC03339

旧美術館はまだそのまま残ってましたが、どうにもしないなら新しいのを建てる必要なんかなかったのでは? 耐震補強工事で済んだんじゃないかと素人考えで思わずにはいられない。それくらい、ここが好きだった。


DSC03317

DSC03308

DSC03309

DSC03349

蝉の抜け殻探しにだいぶ時間を取られました。それもこれもジェットダイスケ氏のせい(苦笑
「空蝉」のフォトブックを見せたらすごい食いつきようでさ、以来、蝉の鳴き声を聞けば蝉以上にやかましく「捕まえに行こう」って言いだす始末。


DSC03344

そういえば、蝉の抜け殻の中にあるこの白い紐のようなもの、これって中で引っ張ったらくす玉みたいにポンって羽化できる仕掛けなのかな、戦闘機のベイルアウトみたいに・・・って、そんなわけないか。



スポンサーサイト

常虹の滝へ行ってきた②


長男がイネの生育調査のために夏休み中ながらも学校へ行くことになり、その送迎のついでに・・・ってデジャヴかよ!とか思いながらも、早々に長男を学校に置いてきたあと、富山市は笹津(旧大沢野町)にある笹津橋に来てみました。

SDIM0489-2

ここは以前からJR高山本線を走る ”ワイドビューひだ” を撮ってみたくて狙ってはいたんですが、安全にクルマを停められる場所が見つからなくて躊躇していたんですよね。まあ、笹津駅から歩けばいいっちゃいいんですけども。

(あっ、カマキリ・・・)


SDIM0483

とか言ってるそばから、キハ120系が通過。そうそう、こういう感じで撮ってみたいと思っていたんすよ、 ”ワイドビューひだ” を。


SDIM0498

ところでこの笹津橋、富山から高山方面へ向かうときに何度となく横目に見てきた橋なんですが、土木技術的価値があるとかで、有形文化財に登録されたようですね。片道一車線ながらも今でも利用でき、観光用の駐車スペースも小さいながらも確保されていて、これまで見落としていたことが悔やまれるほど撮り鉄には優しい場所でした。

ちなみに肝心の橋脚自体は木々に隠れてよく見えなかったよ(ぉ


SDIM0484

さておき、高山本線。あらためて見るとすごい場所を走っているし、すごい所に家が建ってるしって感じですよね。


SDIM0494

駐車場の横を走る県道25号線からの眺めなんかもう、鉄橋マニアなら失禁しそうなくらいの迫力。このあと、次の撮影地へと移動しようとクルマに乗ったあとすぐにワイドビューひだが走って行ってしまい、「嘘だろ・・・?」 と声を出してしまったのは本当。
慌ててスマホで時刻表を調べたら、おれが撮ろうとしていた時間よりも早い便があったらしく、そのタイミングでここに来れたのに見事に撮り逃したというガッカリ案件。思い返せばこの時間帯の日照がベストだっただけにちょっと悔やまれる・・・。


SDIM0510

さて、もとはと言えば、先日訪れた常虹の滝周辺で ”ワイドビューひだ” を撮るつもりだったわけですが、前述のとおり笹津橋周辺がベストな撮影ポイントなのが分かったので、ここでの撮影はあきらめ、常虹の滝ではふつうに滝の写真を撮ることにしました。
今回は早瀬亭の跡地からではなく、下から撮ってみるつもり。


SDIM0511

・・・が、数年前に来たときには整備されていた遊歩道も、今や人の手が介入していないのを思い知らされるほどに植物に飲み込まれていて、滝壺近くまで歩いていくことができずに断念するという結果に。まあ、逆にネイチャーフォトを撮るにはベストな撮影地になったわけですが。


SDIM0521

結局、ふつうにまた早瀬亭の跡地近くまで来て、滝の写真を撮ってみたというね。長男がまだ小さかったころは全然滝壺まで行けたのに。しかしこれは決してここが風化したのではなく、本来の自然の姿に戻ったというべきか。

さあ、思いのままに人を拒め。


SDIM0523

人の名残り。


SDIM0526

SDIM0533

SDIM0535

誰もいなくなった城にただひとり残る、トノサマバッタ。


SDIM0540-2

ふたたび笹津橋まで戻り、計画通りの時間に来る ”ワイドビューひだ” を撮ってはみたものの、雲が出ていた時間帯にもろ被りでご覧のような結果に(苦笑


SDIM0504

それはさておき、ここは気に入った。一時間に一本、下手すりゃ一本も来ない時間帯もあるくらいの路線だけれど、山の緑を愛でつつ鉄も愛でることができるとは贅沢な場所じゃないか。今月中にまた訪れるかもしれません。


SDIM0542

今度は長男を迎えに行く時間が近づいたので、とりあえずは以前来たときに撮り逃したアカミミガメを撮りに大川寺駅に寄り道。
このあと、移動しようとクルマに乗り込んだそばから最近全検を終えてキレイに再塗装された富山地鉄の14722が目の前を通って行ったときには思わず 「嘘だろ・・・?」 と声を出してしまいました(本日2回目)。

仕方かなく折り返して来るのを待ってはみたものの、来たのは別の編成だったのであきらめて長男を迎えに行くことに。


SDIM0545

SDIM0551

空振りや空回りが多い一日だったけど、なんだかんだと無事に終えることができて良かったと思う。休みのたびに出かけているのではなく、子供のための用事があるから休日を設定しているのであって、写真撮ったりしているのは本当にそのついで程度。

唯一悔やまれるのは、この日長男を学校に送って行ったあと、山の上の高校まで遠出するからには、7迎えの時間まで家まで帰らないというつもりで写真撮影に勤しんでいたけれど、おれがこの日仕事が休みだと知った娘がおれの帰りを待ってずっと家にいたんですよね。

夏休みだから、てっきり友達と遊ぶんだろうなと何も話さずに家を出て来てしまったけど、そういうことなら一旦家に戻って、娘のやりたいことに付き合っておけばよかった。特にこの日は用事のついでにしては時間にゆとりがかなりあったから・・・。

―フライパンには昼におれと食べようと作っておいてくれたオムレツが。(結局次男が食べました)


最近は何を話しかけても、まともに返事が返って来ないことがあっただっただけに、それなら別にいいやとつい心を離してしまった。

子育て四訓がふと頭をよぎる。

「乳児はしっかり肌を離すな」

「幼児は肌を離せ手を離すな」

「少年は手を離せ目を離すな」

「青年は目を離せ心を離すな」


夕方になって買いに行った東京往復の新幹線の切符、うれしそうに自分で買ったパスケースにしまい込んだ、その笑顔だけで救われた。なあんだ、まだ子供じゃないか。





岩瀬浜海水浴場に行ってきた②


長い夏の一日をどう締めくくろうか考えてるうちに夕方になってしまいました。”せっかくの休日だから” と ”休日なのに” のせめぎ合い。まあ、これ以上詰め込まなくてもじゅうぶんに今日一日は楽しめた。明日は立山登山から帰ってくる娘に大きなスイカの話をできるし、このまま晩飯食って子供を風呂に入れて寝るのも悪くない。

でもね、まだ外が明るいんだよ(夕方6時過ぎ)・・・!

DSC03168

というわけで、クルマにガソリンを入れに行くついでに海を見に岩瀬浜まで来てみました。自宅から5kmもあるかないかの距離なのに、ここに来るのは一年半ぶり。あのときはまだ輪郭の幼かった次男が今や少年の横顔になっているのが逞しい。

しかし、相変わらず長い棒には余念がない。


DSC03162

沖合にはどこかの国のタンカー?が一隻停まっていました。やたらパイプラインのようなものが目立つのは、石油関係の船舶なのかしら。クルマに戻れば一眼レフと望遠レンズがあるのだけれど、今は8月の東京日帰り旅行のために持って行く DSC-RX100M2 を久しぶりに引っ張り出しての散歩が目的なので自重した。

ちなみにスイカ狩りのときはAモードを使ってみたんですが、全然ダメでしたね。黒部市総合公園では園内の川を泳ぐ魚を相手にSモードを使って撮ってみるも、これも話になりません。これがキヤノンの EOS 7D ならば背中を預けられたと思うんだけれど、こうも頼りないとちょっと考えちゃうなあ・・・。結局、この海水浴場では屈辱のおまかせオートとMモードの併用で過ごしました。


DSC03161

ぞりぞりぞりぞり・・・。


DSC03160

うひゃあ!

左手の指の怪我が気になるところではありますが、今度来るときは水着でも持ってきて遊んでもいいかなと思いました。そうそう、おそらく散歩がてら来たつもりが、暑さでテンション上がっちゃって服のまま海に入っちゃった若者がそこそこいましたね。


DSC03169

DSC03173

DSC03174

DSC03178

DSC03179

DSC03180

DSC03172

何はともあれ、今度はカメラ脳抜きで来ようっと。



魚津水族館に行ってきた②


スイカ好き(というかウリ科ならなんでも好き)の次男とスイカ狩りに行ってきたついでに、以前保育所の親子遠足で訪れたものの、自分たちも含めて団体客が多すぎてゆっくり見て回れなかった魚津水族館に行くことにしました。

DSC03107

それにしても、”紅まくら”、超デカイんですけど―(笑
マクワウリは傷がついているから、帰ったら早く食べてってじいちゃんに言われてる。


DSC03110

さて、その前にちょっと黒部市総合公園に寄り道をしてザリガニ探しをば。夏前にいちど富山でザリガニの採れる所はどこかリサーチしていて見つけた候補のひとつ。さてさて、どんな塩梅でしょうか・・・。


DSC03114

結局ザリガニは見つからず、あるのは蝉の抜け殻だけ(


DSC03126

まあ、適当なところでザリガニはあきらめてクルマを走らせ、魚津水族館にとうちゃーく。ていうか地味に腹減ってきた。


DSC03120

到着するなり、ペンギンさんのごはんタイムに遭遇。お、おれもその餌、く、くれ・・・!


DSC03118

古城公園ならペンギンを見下ろすかたちになるので、ガラスの反射を気にすることはないんだけどな。・・・帰ったら少し休んで午後から行こうと思ったけど、たしか月曜日は休みだったような。


DSC03121

次男はといえば、大好きな鮫コーナーにかぶりつき(笑


DSC03124

とくにこのダウリアチョウザメがお気に入りで、ダウリアチョウザメといえば卵はキャビアに肉は燻製にされるそうですな。


DSC03132

今まで気がつかなかったんですが、魚のエサの自販機が置いてありました。ひとつ100円。


DSC03130

おもちゃのガチャガチャなんかはすぐ飽きちゃうからさせないようにしているんだけど、これなら話は別だ。コスパは微妙だけど、体験させることに意義がある―。


DSC03131

うほぉ、案外みんなお腹空いてたのね。これはやり甲斐があるぞ。それにしても、腹が・・・減った。


DSC03137

この日の水族館は夏休み中にもかかわらずガラガラで、気になるものを見つけては走り回る次男にとっては良いタイミングだったと思いました。人が少ないので写真も撮りやすかったなあ。


DSC03136

リュウグウノツカイ。


DSC03138

富山湾で多く見られるというドチザメ。


DSC03139

ピラニア。


DSC03140

エンゼルフィッシュ。


DSC03142

えーと、名前忘れた(


DSC03145

キッズルームに来ると、けっこう無駄な時間を取られるんですが、この日はスイカ狩りのために保育所を休ませているため、時間はたっぷり余ってるのさ。父ちゃんは腹が減ってだいぶイライラしてきてるけど。


DSC03149

とかなんとかやってるうちに、次男を軽く見失って、すわ迷子か?と焦った瞬間これが出てきて力抜けた・・・。


DSC03151

最後は海辺の生き物に触れるコーナーでフィニッシュ。先々週だったか、クルマのドアに指を挟んでしまったのがけっこうな怪我になっちゃってるので、右手だけのおさわりタイム。


DSC03153

ひとしきり見て回ったあと、フードコートで休憩することに。冷やし中華でもあればここで昼飯にしたところなんだけど、何一つ腹に響くものがなくて、とりあえず次男にバニラソフトクリームを。ちょうど目の前に大きな鏡があったため、それに映る自分を見て笑う阿呆に撮る阿呆。


DSC03155

超懐かしいの見つけたけど、今週のおれのことはおれが決めるから占いなんかしない。


DSC03157

結局、空腹を自宅まで持ち帰れずに滑川のマックになだれ込んだ。ついでにジムにカビゴン置いてきた。




WATERMELON


どんな話の流れだったかほとんど忘れてしまいましたが、スイカ好きの次男にスイカというものが実際に植わっているところを見せたくて、農家に嫁いだお友達にお願いをしてスイカを育てているおじいちゃんの畑を教えてもらいました。

DSC03097

おじいちゃんのスイカ畑には、ハクビシンにスイカを狙われないようにマクワウリも植えられていました。これがあることで、スイカが食べられることがないそうです。


DSC03102

さっそく、おじいちゃんに手伝ってもらってスイカの収穫のお手伝い。←


DSC03100

この畑で育てられているのは”紅まくら”という品種。正直、ふつうの丸いのをサクサクっと採らせてもらうイメージだったんですが、なんのなんの、おじいちゃんこだわりの大玉スイカ畑に案内されて恐縮しちゃったってばよ!(苦笑

しかも、かなり安く譲っていただいてしまって、あとで相場を調べてみてのけ反りました(汗


DSC03098

さて、売り物にならない小さいのは、おもちゃがわりに持ってっていいよと言われたので、遠慮なくもらってきましたよん。


DSC03104-2

まちがいなく初対面の名前もよく知らない他人なのに、本当のおじいちゃんのように接していただいて、次男もおれも楽しい時間を過ごすことができました。往復2時間、滞在時間20分だったけどな(ぉ


DSC03105-2

今年の夏の思い出、収穫完了~♪


IMG_1407

おまけに胡瓜も3本いただきました。胡瓜は次男も大好きなのでとてもうれしかったです。
さあ、大切に持って帰ってさっそく食べようぜ!

おじいちゃん、今日は本当にありがとうございました!



追伸:3977


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR