iPad mini 2 を iOS 9 にアップデートしてみた


朝、目が覚めたら 何やら iOS の新しいのが来たとか来ないとか話題になっていたので、
とりあえず使用頻度が少なく、トラブってもダメージの少ない iPad mini 2 に適用してみました。

DSC01082

寝起きで小さい字が読みにくかったので、アップデート項目はほとんど読んでいません(爆


DSC01083

もともと Facebook と instagram、Kindle くらいしかアプリを入れてないおかげで、更新も30分かからなかったと
思います。超余裕でした。


DSC01084

アップデートしている間に調べてみて、”これだ!”と思ったのがメモ機能の強化。なんと、スケッチができるようです。
iPhone 5s ではちょっとキツイにもほどがあるけれど、6plus や iPad では有用なのではないかと。


DSC01085

画面の右下隅、カメラアイコンのとなりに変なアイコンがありますね。


DSC01086

それをタップすると、ペンタブレット風の画面に変わりました。潔いまでのシンプルさ!
ちなみに色数はそこそこ多く、慣れればきっと面白い絵が描けるのではと思います。
そう、iOS 9 ならね。


DSC01087

筆圧の感覚も申し分なく、人差し指でサラサラッと描いてもこんな感じ。
よし、今度ちゃんとしたペン買ってこようっと。


スポンサーサイト

OverLay Magic for Nexus 7 (2013)


DSC00219

今さらですが、買い直した Nexus 7 (2013) の液晶保護フィルムとして、ミヤビックスの"OverLay Magic"を
買いました。

写真がまぎらわしいですが、今までは暫定的に特典品としてゲットした ASUS 純正フィルムを使っていました。


DSC00221

純正品のパッケージには、ツルツルとサラサラの二種類が入っていて、そのうちのサラサラのほうを使用。
これがまたすこぶる使いにくい代物で、分かってはいたけど、評判通りでしたね(苦笑。


DSC00223

で、サクッと剥がして風呂場で貼り換えました。
低反射のサラサラタイプも嫌いではないですが、タップの感度が落ちているように感じていて嫌だったんですよね。

あやうく本命を使わずに一年経っちゃうところだったし、ちゃんとした保護フィルム買う前に壊されちゃったし、
遠回りしてきたけど、やっと会えたね・・・。


DSC00222

これでようやくストレスなく漫画が読めるようになりました。

めでたし、めでたし。


Do Androids Dream of Electric Sheep?

子供たちがおれの持ち物に手を触れることには(カメラ以外は)あまり抵抗がなかったので、
わりと好きなようにさせていた Nexus 7 (2013) ですが、ある日急に見当たらなくなって変だなと思ってたら・・・。


DSC01348

座布団の下に隠していたその上に座っただと・・・?
そこで試合終了とか言われてもいいから、あきらめましたけどね。
ああ、Raziko(Andoroid 専用アプリ)でサササラダが聴けない・・・。

たかがメインカメラをやられただけと思うなかれ、タッチパネル全体がうねって使い物にならない(泣
また買い直すにしても、今度は絶対に触らせないようにしないとキリがないなあ。

子供たちにとってのコイツの存在意義は Minecraft くらいしかなく、最近はPS3版にご執心だから
買い直したときには今度こそおれの手元から離さないでおけるかも。

買い直すのか・・・?


Amazonセール速報:Nexus7(2013)32GBモデルが約7000円値下げ!



ソニタブッター2 & Nexus 7 (2013)

Sony Tablet P で使っていた Twitter クライアントがいつの間にかアップデートしてました。

ソニタブッター2

Screenshot_2013-09-29-03-43-17.jpg

今回のアップデートでは、なんと Android 搭載のタブレットに対応!
Nexus 7 (2013) 購入後、シンプルで無駄のない Twitter クライアントを探していただけに、
これは個人的にうれしいアップデートとなっています。


Screenshot_2013-09-29-03-50-31.jpg

さっそく Nexus 7 (2013)にインストールして、スクショを撮ってみました(電源ボタンと音量-ボタン同時押し)。


Screenshot_2013-09-29-10-22-50.jpg

もちろんSony Tablet P でも使用が可能で、絶妙なレイアウトで二分割表示されます。


Screenshot_2013-09-29-03-51-34.jpg

横表示がいちばん見やすいですね。ツイートへの リプライ・リツイート・メンション・お気に入り登録 の
各ボタンの位置が絶妙。
会話の表示も一画面で把握できるので流れの速い大喜利タイムラインにおいては重要な要素である
瞬発力を殺しません。


Screenshot_2013-09-29-05-07-36.jpg

縦表示はこんな感じです。ちなみにタイムラインを全画面表示することもできます。


ひとつ難を言えば、ダイレクトメールのやり取りがフォロワー別になっておらず、受信時間の順に表示
されるので、複数の人とやり取りをするようなシチェーションだと見づらいかな・・・。
これはこれで良い面、悪い面の両方あると思うのでひとつの意見として書いておきます。


さて、ざっと使ってみた感想を書きましたが、ちょっと意地悪に考えさえしなければ欠点など無いに等しい
とても使いやすい Twtter クライアントでした。
今まで使っていた Carbon というクライアントなんかよりも直感的に使えるので、オススメです。

最後に @taiseiko さん、忙しい中とても使いやすいアプリを作ってくれてありがとうございました。
お世辞じゃなくて、本当にこんなの待ってました!w

Nexus Media Importer

Nexus 7 にはメモリーカード・スロットがありません。なので、内蔵メモリ容量を越えるデータを扱いたい
ときには、有料アプリの Nexus Media Importer を購入して使うか、Root権限を取得した上で、
"StickMount"を使うしかありませんでした。

クレジットカードでのネット決済に抵抗のある性分なので、後述するVプリカを知らなかったばっかりに
旧モデルの初回購入特典のポイント(Google Playで2,000円分アプリが購入できる)をフイにして
しまっていたおれは、後者の方法を選んだわけですが、Root化しちゃうと Andoroid OS がアップデート
するたびにいろいろと面倒だったので、いつしか本体の使用頻度も下がっていました。

そこで、新型の2013年モデルでは"Nexus Media Importer"(234円) を観念して購入することにしました。

Nexus Media Importer


しかし、GooglePlay での決済はクレジットカードとキャリア決済のみ、おれはクレカでネット決済したくない派だし、Nexus 7 はただのタブレット端末なので携帯回線利用料金として決済することもできません。
ギフトカードは日本国内での利用はまだ始まっていないようだし、さてどうしよう・・・。


そこで見つけたのが、Vプリカ決済という方法。いわゆるネット上だけで使えるプリペイド式のVISAカード
(金種は3,000円・5000円・10,000円のみ)というやつですね。

Vプリカ


公式サイトでアカウントを作ってカード番号を発行(カードのデザインはただの飾り)してもらい、
コンビニで専用コードを現金で購入してそのカード番号と紐付けするという、iTunes カードや、
amazon ギフトのような使い慣れたやり方がありました。

これなら登録がいちいち面倒なだけで、子供がタブレットをいじって意図しない買物をしそうになったり
とかの被害も軽微で済みそうですね。

で、アカウント作成もチャージも済ませ、234円って中途半端なんだよな、絶対プリカ満額使い切れない
じゃねえか、と思いながらさっくりとアプリを購入。
とりあえず3,000円分買ったはいいけど余った分はどう使おうかなー。


さっそく Nexus 7(2012) で使っていた micro USB「Bコネクタ(オス)」と、「Aコネクタ(メス)」の
変換ケーブルを接続してUSBメモリを読みこませようとしてみたら・・・・


Screenshot_2013-09-19-10-00-08.jpg

ありゃりゃ。日本語でお願いしたいところですが、雰囲気的に何かがおかしいようです。

で、この"問題58277" ってやつについて調べてみると、↓下記のサイトがヒットしました。
新型ネクサス7のOTG(USB機器の相互接続)に若干の難あり? - すまほん!!

結論としては『バグだからアップデートまで待ってね(・ω<) てへぺろ』ってことなんでしょうね。
一方で回避策もあるようですが、なんかちょっと微妙なので現時点ではあきらめることにしました。

まあ、今のところは緊急を要しないから別にいいんですけど、なんだかなあ。
アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR