RICOH GR と散歩道

・・・ってタイトルにしとかないと、検索エンジンでもヒットしないことに今さら気づいた今日この頃、
みなさんいかがお過ごしですか?

休日も容赦なく5時に起きだして部屋へ進撃してくる小人、ハルキさんを連れて、
またいつもの散歩道をベビーカー押しながら歩いて来ました。

相変わらず大安定のスナップシューター、GR
久しぶりに持ち出したので、設定方法を忘れて ISO100 で悶々としてたのは内緒ですがw
本来はもう少しトーンを落とした色が好みです。

あと、時間的には午前7時頃の太陽光下ですが、方角的に逆光気味なので思うたように撮れなかった
ですね。田舎なので空間としての空を何とか面白く描きたかったんだけど。

GR020007.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

水の流れる音が気になる年頃。ひょっとしたら髪のあたりに偽色が見つかるかも・・・。


GR020015.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

以前、固定方法を間違えてベビーカーから落馬させてしまったのを覚えているのか、
両手でしっかりと握っています。


GR020014.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

興味深そうにあたりを見渡してますが、彼の眼には世界はどんなふうに映るんでしょうかね。


GR020012.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

何度見てもオッサン顔やな~。


GR020013.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

誰がオッサンやねん!


GR020008.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

土蔵を見つけたぞう、写真を撮るぞう。


GR020009.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

液晶モニターだけではこの時間帯は厳しいかな、ファインダーが欲しくなってきた。
ゆえに NEX-7 は手放せないとも言える。


GR020010.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

”よそ者”の団地族と地元組との境界。交流はほとんどない。


GR020016.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

GR って、ホント苔とか水の流れとか、自然物もシャープに写し出すよね。


GR020023.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

夕方にここにくれば良い電線が撮れるかも。←たぶん来ません。


GR020027.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

カエルかと思って撮ったら違ってました。


GR020022.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

何の花だろう、冷たい石垣の中の良いアクセントになっていました。


GR020021.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

夕方にここにくれば良い電線が撮れるかも。その②


GR020026.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

夕方にここにくれば良い電線が撮れるかも。その③


GR020019.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

錆びたものが大好物。でも SIGMA のレンズのほうがもっと生々しく写るかな。


GR020031.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

なんでこれを撮ったか忘れました。


GR020035.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

ゴミ捨て場の向い、ドブ川の上という悪環境に咲いていたけど綺麗でした。


GR020028.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

気がついたら、もう寝ちゃってた。


GR020030.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

さて、帰ろうか。


スポンサーサイト

G.raceful R.esolution

県民公園 頼成の森

*ぜひ高画質版を見てください。GR は本当に良く撮れるカメラです。

R0000043.jpg
高画質版はコチラ→Flickr


仕事の前にちょっと時間があったので、通勤路の途中に寄り道をして散歩がてら
写真撮って来ました。

どんな通勤路やねん、というツッコミは無しの方向でw


実父がここ砺波市の出身なので、子供の頃に何度か連れて来られてるはずなのですが、
まったく記憶がないのも手伝って、新鮮な気持ちで園内に入りました。

広大な区域内に群生する樹木の緑をどう写し撮るか、GR のお手並み拝見といきましょうか。


R0000065.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

6月上旬の午前の日差しはまだ柔らかく、澄んだ空気とともに仕事前から疲れているこの身体を
優しく包みこんでくれます。遊歩道も山間部のわりには傾斜もキツくなく、アスレチックもあるし、
これなら上の子たちを連れてきてもいいかなと思いました。


R0000057.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

ああ、ダンボー持ってくりゃ良かった・・・。


R0000059.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

GR は、マクロモードへの切り換えは手動なんですよね。めんどくさいようですが、自分で制御できると考えれば、
むしろありがたいかも。


R0000060.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

伐採されたまま放置され、苔生した木のなんと愛おしいことか。


R0000046.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

「切り取る」ことを意識して撮った一枚。


R0000066.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

木漏れ日の中の小さな生命。


R0000068.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

この穴はキツツキの仕業でしょうかね。


R0000070.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

苔、かわいいよ苔。


R0000072.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

何の葉っぱだったか忘れましたが、艶と厚みのある葉は写真映えしますよね。


R0000073.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

Avモードでほとんど設定を触らずに撮ったんだけど、これ、NEX-7 で再現できるかなあ。
GR のポテンシャルの高さに驚いています。


R0000076.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

ああ、ダンボー持ってくりゃよかった・・・。(本日2回目)


R0000062.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

さあ、そろそろ行かなきゃ。次はもっとのんびりしに来ようっと。
ちょっとだけここ、気に入ったな。


G.reat R.esponse

PENTAX RICOH の コンパクトデジタルカメラ、GR が何故か手元に。


IMGP1592.jpg

前モデルから連綿と続く伝統の外観デザインを受け継いでいて、「~と見せかけて、実は~」が
大好きなむっちーは、一見して最新型に見えないところが気に入っています。

従来機種からわずかな本体サイズ変更のみにとどめた上で、より大きな APS-C センサをよくぞ収めて
くれました。同じサイズのセンサを持つ NEX-7 と比較するとありがたみが薄れますが、
ジーンズのポケットに入れて持ち運ぶのに本当にちょうど良いサイズ。

「誰だ、これ作った奴は!ちょっと出て来い!」と思わず体育館の裏に呼び出したくなるレベルです。
缶コーヒーでも焼きそばパンでも何でも買って来たくなるくらい感謝しています。

いやあ、小さくて軽い(215g)は正義だよ。


R0000021.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

ここに寝つけない1歳児がおるじゃろ・・・。

というわけで、子供を散歩に連れて行く大義名分(Good Reason)のもと、試し撮りの時間を作りました。
今回は以前と逆に周ってみます。

R0000011.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

途中、生垣の下の側溝に細い蜘蛛の糸を見つけてシャッターを切りましたが、さすがに無理だったか。
隣りの花と葉っぱにもピントが欲しいところだったけど、ちょっと欲張りすぎましたね。


R0000013.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

あと、最強のスナップカメラと謳っているはずなのに、手ぶれ補正がないのはやっぱり厳しいかも。


R0000019.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

午前中の太陽光の下って、写真撮るの難しいんだよね。それだけ影に頼ってるってことか。


R0000018.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

そうそう、GR といえば、35mmクロップ機能なんだった。この機能が使いたくて GR を選んだようなもの。
レンズ交換式カメラではないので、どの程度使えるか気になってたんですよね。



R0000015.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

せっかくの 28mm 広角レンズなので、自分としては珍しくパースを意識して撮ってみました。
いやあ、1985年、掛布・岡田とのバックスクリーン3連発はもはや伝説ですよね。
アスファルトが赤茶色なのは、センターラインの横にある融雪装置のせいです。
ここは何気に海岸から2km程度しか離れていないので、地下水に海水でも混じっているんでしょうかね。


R0000023.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

近所の造園店の前に飾られていたプランターの花たち。
朝陽を浴びてうれしそうに見えました。


R0000024.jpg
高画質版はコチラ→Flickr

そして、見事に陥落の図。

さて、この GR タイトルの通り、非常にレスポンス良いです。起動1秒は伊達じゃない。
バッテリー残量表示が若干不安定に感じることもありましたが、サクサク撮れてとても楽しかった。
今回は初期設定のまま、エフェクトもなし、まずは「素」で撮ることを心がけました。
思った以上に非常に素直な画で、とても気に入りましたよ。

今度は塩澤一洋氏の設定を参考にいろいろ試しつつ、普段は使わないエフェクトなんかも
試してみたいと思います。

G.ood R.eason

IMGP1586.jpg
アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR