瀬戸内家族/小池英文


2017年1月14日から23日まで、東京は新宿のコニカミノルタプラザにおいて写真展を開催中の、
写真家・小池英文氏の作品集を買いました。タイトルは写真展と同じく 「瀬戸内家族」。
なお、コニカミノルタプラザはこの写真展を最後に運営を終了するとのこと。

DSC02902-2

表紙は白ベースでテカテカ光って撮りにくいので、中表紙の写真を撮ってみたよ!

インド滞在中に知り合ったという、奥様のご実家のある尾道市は因島で撮影された家族写真。
そのどれもが目線の温かい写真ばかり。
なんでもないような日常が、なんでもなく撮られているように見えるのに、どこか微笑ましく
感じられるのが不思議で気になる。

1月15日の第1刷の発行からあまり日が経たない中、Amazon には在庫がなく、プレミアム価格
を付けてるショップもあるようでしたが、近所の本屋で手にすることができて良かったです。


DSC02903-2

こちらが表紙の写真。

この空気感、一目ぼれですわ。


スポンサーサイト

Memories / 山﨑友也


届きました。

DSC02731-2

鉄道写真家であり、『レイルマンフォトオフィス』 (元共同代表に中井精也氏)代表の山﨑友也
氏の作品集、その名も”Memories” でございます。

同タイトルの写真展を富士フォトギャラリーで開催されていたけど、行けなかったんで(

鉄道写真と一口で言っても、色んなアプローチがあるもので、自分の場合は主に車両の観察と
その記録で、今は鳥インフルエンザの流行のため自重している(自分が媒介となるのは嫌だからね)
野鳥撮影と同じように図鑑的に手元に残しておきたいから撮る、という感じ。

それをいつかはアプローチを変えて、地元の風景とともに作品撮りができたらなと思っていますが、
遠出もなかなかできないので、今はできるだけのことをできる範囲内でやってます。


さて、”Memories”。

非常に温かな視点で、駅周辺の人々の様子を生き生きと写していて、ユーモアも感じられるその
雰囲気は、ちょっと上品な梅佳代みたいな感じで、とても好きになりました。

車両の存在を感じることはできるけれど、その姿を具体的には写さない手法はさすが。
特に好きなのが、電車内で無邪気にはしゃぐ子供の履く靴へピントを合わせている1枚。
その靴のデザインが新幹線なんですよね。

子供の屈託のない笑顔もさることながら、目線をそこに持っていくセンスが本当に素敵で温かい。
この感覚を自分も持ちたいと思いました。


山﨑友也写真集「Memories」 - フォトコン・オンラインショップ


THROUGH A QUIET WINDOW / STEVE JANSEN


表紙に貼られた野暮ったいシールは速攻で剥がしました(ぉ

DSC01343

”静謐な眼差し”と題された高橋幸宏による巻末の寄稿文の、なんと素晴らしいことか。

1980年代初頭に出会った、ふたつのバンド「Yellow Magic Orchestra」と「JAPAN」のメンバーの姿を写した、
JAPAN のメンバーであるスティーブ・ジャンセンの手によるプライベート・フォト集。

撮影された当時は、こんなふうに一冊の本となって公開されるなんて、想像もしていなかったであろう。
だからこそ、切り取られた時間のひとつひとつが、彼らのファンにとってはとても愛おしいものとなる。
その一枚一枚を撮った静かな眼差し、それがときにとても強い力を持って心に深く残像を残していく・・・。

作品の8割がたがモノクロフィルムで撮られていて、それがまたすごく味があってイイんですよ。
被写体が稀代のミュージシャンたちであるということを差し引いても、とても撮り方が巧くて、
モノクロ写真としての完成度も高いのではと素人ながら感じてしまいました。ちょっと参考にしてみようっと。
こんな才能が彼にあったなんて意外。


大好きだった、ベースのミック・カーン(2011年没・享年52)の姿がここでまた見ることができてうれしかった。




大塚千野 「Imagine Finding Me」

こういうの、ちょっと好き。


子供の頃に撮ってもらった写真と同じ場所にもう一度立って、子供の頃の自分と一緒に写っているように見せる。
ありそうであったけど、心に訴えるものが今までなかった手法で作られた作品集。


1975 と 2005 (スペイン)
1975 と 2005(スペイン)

デジタル処理で加工されたということよりも、この作品たちの何とも言えぬ日常感が素晴らしいですねー。
元の写真が良くないとホントつまんないと思うんですけど、そもそもこれを撮った人って誰なんだろう?
きっとお父さんかな?


Chino Otsuka

Chino Otuka - OFFICIAL


どうやら英国からの輸入販売(紙)かオンライン販売(データ)での入手方法しかないようで、£30.00ってことは
日本円で \5,040 くらいになるのか。
ネットで見られる作品だけでは飽き足らないので、いつか全部見てみたいと思っています。


Elliott Erwitt 「On The Beach」

2月13日よりパシフィコ横浜で開催される CP+2014 へ今年も行くことになりそうなので(1つだけ懸案事項が
あって、いちおう社外秘なのでここでは書けない)、当日の行動計画を立てました。
初参加の前回は東京観光も目的のひとつで山手線巡りをしていましたが、今回は滞在期間中にガッツリと現地で
セミナーやらイベントに参加してみようと思いました。

・・・が、残念ながら食指の動くイベントがなかったんですよね。
(その点、前回を思い返したら何と惜しいことをしたものかと涙で枕を濡らしました)

そんな中で、特別企画として会場こそ違うものの、GALERIE PARIS にて『エリオット・アーウィット in YOKOHAMA 展』
が開催されることを知りました。

エリオット・アーウィット・・・。

どっかで聞いたことのある名前だ。



・・・・ゴソゴソゴソ。



なぜか写真集を持ってた。

Eriott Erwitt: On The Beach

DSC00016_201401112019564d3.jpg

でも、なぜ自分がこれを持っているかは全然記憶にありません。しかも消費税3%だった時代に刊行された写真集よ?


DSC00018.jpg

当時の自分がこの写真集のどこがツボだったのか分かりませんが、今ならこれが好きかな。
1977年に藤沢市で撮った”芋を洗うような”海水浴場の作品と、1966年にサウザンプトンでのカモメの群れの作品。


DSC00017_2014011120195887b.jpg

この写真集が刊行された頃はまだ高校生だったはずなのに、どうやってエリオット・アーウィットを知ったのだろう?
しかも今でも買うのに躊躇うような値段なのに。←万引きはしていません


で、ふと思い当たるのがこの作品。

Elliott-Erwitt_California-1955.jpg
”SANTA MONICA, CALIFORNIA USA” (1955)


洋楽好きなら、ピンときたでしょ?(笑


First of a Million Kisses

そう、Fairground Attraction の有名なアルバム "First of a Million Kisses" のジャケ写に使われたのが
エリオット・アーウィットの作品でした。
フェアグラウンド・アトラクションのヴォーカル、エディ・リーダーがソロ作品を出してた時期とちょうど重なるので、
きっとその流れで手にしたんだと思います。←万引きはしていません

"On The Beach" にはこの作品は載っていないので、たぶん名前だけ知ってとりあえず書店に売ってた写真集を
手にしたんだと思います。勢いってコワイ。


CP+2014 開催初日から2日目までの日程で横浜は関内に宿泊するつもりなので、もしも行けたら GALERIE PARIS を
ちょっと覗いてみようと思います。


アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR