富山地方鉄道 寺田駅


ふと思い立って、鉄道写真家の中井精也氏の著書 『中井精也の鉄道スナップ撮影術 ゆる鉄』(2010)の表紙にも
使われた富山地方鉄道は寺田駅に行ってきました。

この駅の駅舎は、木造で趣のある駅舎が今も残る富山地方鉄道の中でも屈指の古さで有名、ひとたびそこへ降り立てば、
時間が止まったような景色を目にするだろうと期待に胸を躍らせて向かったわけですが、


SDIM0053
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

老朽化が進み過ぎたおかげで、2016年9月に改装してピッカピカになっちゃてYO!(爆笑

ただし、ホーム上の待合室を持つ建物はまだ残っている模様。
とはいえ、電車にも乗らないのに立ち入るのは憚られるので、今日は周囲からの写真を撮ることに。

いつかそのうち次男を連れて稲荷町駅から地鉄に乗ってどこかへ行ってみようと思っていたので、この駅で折り返して
帰ってくる”プチ乗り鉄”のコースにしつつ、リベンジしてみてもいいかな。


SDIM0055
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

立山線側から2番ホームを望む。


SDIM0050
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

右奥に見えるのが待合室のある建物ですが、現在は使われていないらしいです。


SDIM0051
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

と、そこへ立山行きの14760系の第3編成が入線。


SDIM0052
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今日もまた、地域住民の足となりその生活を支える富山地鉄なのであった。


SDIM0056
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

その帰りには立山線沿いにクルマを走らせて稚子塚駅にも行ってみました。ここもまた中井精也氏が訪れ、地元の小学校の
生徒の協力を得て撮影をしていた駅でもありました。

電車が来るまでまだ20分は待たないといけなかったので、今日はここまでにして家に帰りました。





スポンサーサイト

富山地方鉄道上滝線 月岡駅②


長男を迎えに行く時間にそこそこ近づいてきたので、途中寄り道をして月岡駅まで行ってきました。
ここに来るのは昨年の8月以来でしたね。

IMG_2249

訪れたのは午後2時ごろ。この時間帯は運行数が少ないのが分かっているため、撮れ高には期待せず、
本当にふらっと暇つぶしに立ち寄っただけ。


IMG_2232

が、踏切を渡って駅舎へ向かおうと小道に入ったとたん、大好きな10020系が到着。
わずかな停車時間ですぐに動き出しました。


IMG_2234

相変わらず片目の尾灯(苦笑


IMG_2237

なぜかこの二本だけ枕木がきれいな違うタイプになってました。
調べてみると、古いほうはRC枕木と言い、新しい方はPC枕木と言うそうです。もしかしたら、2015年
に交換工事された一部かもしれません。・・・でも、なんで二本だけ?


IMG_2236

あ、今回もまた 『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 のキービジュアルと同じ構図で写真撮る
の忘れてた(汗


IMG_2250

IMG_2241

30分ほど待っていたら、開発(かいほつ)方面から10030系が入線してきました。
いつもの見慣れたやつや・・・と思いつつ、ふと運転席を見るとなぜか3人もいるという(驚!
ひょっとして研修とか実習みたいなシチュエーションだったんですかね。


IMG_2246

車内にも制帽・制服姿の職員の人たちが10人くらい乗車していて、ある意味シュールでした。
一般の乗客も乗っていたけれど、あれはなんだったんだろう・・・。





神通大橋から北陸新幹線を撮っていたら


富山市内で車を走らせていると、ふと ”これだ!” と思う景色に気づくことがあります。
ここ、神通大橋から望む北陸新幹線の姿も、たまたま通りかかったときにピンと来て、
機会があれば広角レンズで撮ってみたいと思っていました。

DP0Q0001
[ SIGMA dp0 Quattro ]

というわけで、広角レンズといえば換算21mmを誇る dp0 Quattro ちゃんの出番なわけですが、
思ってたよりも広すぎて震えました。
でも、この変な色味(誉めてます)と写りの良さはクセになってなかなか忘れられません。
(構図チェックのために軽く撮っただけなので水平すら取ってないです)
この異世界の風景みたいなのが良いんですよ!(

画角的にちょっとアテが外れたぞと思い、sd Quattro と 50-100mm を持ち出しましたが、
今度は近すぎる。
なので、24mm F1.4 をカバンの中から取り出し、無謀にも交通量の多い橋の上でレンズ交換
(しかも sd Quattro)を敢行する暴挙に出ました。

どうせもうセンサーダストが付着してるんだし、あとでフォトショで消せばいいや、みたいな。


SDIM0027
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

と、そこへ富山湾方面から飛行機がやって来ました。
こんなときにかぎって望遠レンズを付けていないけれど、sd Quattro の解像度ならあとで機体の
番号の確認ぐらいはできるだろう。

そう思ってテキトーに撮ったんですが・・・。


SDIM0028
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

んん?

なんかいつもの B737-800 的なシルエットとは違うし、エンジンが後ろにある!
これはきっとなんかのアレや、きっとそうや(なんなんだっつーの)!!
あとで空港行って確認すべき案件や!!





SDIM0035
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art ]

あ、忘れかけてましたが北陸新幹線です。

このとき初めて sd Quattro で連射しましたが、バッファの追いついて来なさ感がハンパないっすね。
このロケーションでは金沢から来るのも富山駅を出たのも低速で通って行くので、構図さえ決まれば
撮るのは楽勝なはず。

でも、広角レンズだと sd Quattro のファインダーでは車両が視認しづらくて、当てずっぽうで撮るしか
なかったのが正直な感想。
何より日照がイマイチで、思ったような感じにならなかったので、これはまたいつかリベンジするかな。



河北郡津幡町の新幹線の見える丘に行ってきた


ちょいと仕事絡みの用事があって金沢まで行った帰りに、津幡町にある”新幹線の見える丘”に
行ってきました。

IMG_1632

付近はどちらかというと工業団地といった風情で、これまでも眺望の良い撮影地点だったようですが、
北陸新幹線の開業に合わせて公園として再整備したそうです。
写真には写っていませんが、階段の左側にはトイレと自販機もあるので、家族連れで来やすいかも。


IMG_1640

用務先で配られた芝寿しの弁当を持って丘に上り、美味しくいただきつつ新幹線を待っているのを
先客にからかわれながら、”袖振り合うも多生の縁”の精神で場の雰囲気を楽しみました。
この先客のおじさん、ここが出来た頃から通っているらしく、聞いてもないのにいろいろと
教えてくれるので大変助かりました。


IMG_1680

公園内にはこうして親切に時刻表が掲示されていて、ダイヤ改正の折にはアップデートも
されている模様。いいぞいいぞ。


IMG_1638

んで、こちらが金沢駅方面の明神トンネル。


IMG_1650

こんな感じで北陸新幹線が目の前を通って行きます。富山でこういうロケーションって意外と思い
つかないので、けっこうな穴場かもしれません。


IMG_1635

こっちが富山(新高岡駅)方面。架線がうるさいので、車両を撮るときには手前まで来るのを待た
ないといけませんね。
ちなみに高架の下を走るのは旧北陸本線のIRいしかわ鉄道の線路。


IMG_1672

柵に囲まれた丘の上というロケーションが仇となり、写真としては凡庸な構図しか狙えそうにない
場所ではありますが、逆にいえば失敗のない遠足写真が撮れること間違いなしと言えます。


IMG_1694

このあと、時間帯的にあと30分は新幹線が通過しないので、このまま帰ろうかと思った矢先、
旧北陸本線を貨物列車が通過して行ったのに気付いた流れで、先客のおじさんの後をついて行き、
津端駅付近まで来てしまいました。

初めて来たけど、ここは七尾線の踏切が近くに見える、なかなかの撮影スポットではないか。

知らないおじさんについて行っちゃダメじゃないのは撮り鉄に限る!(キッパリ


IMG_1697

そして、ここが旧北陸本線。もうすぐ青森からの貨物列車が通過するらしい(おじさん談)。
でもなんでそんなことを(聞いてもないのに)スラスラっと言えるんだろう、ていうかどんな情報源
を握っているのか聞いておけばよかったな。


IMG_1700

良いねえ、このカーブと信号機。いかにも鉄道って感じがする。


IMG_1713-2

というわけで通過して行きますのは、EF510-504号機。往時はカシオペアや北斗星を牽引して
いた機関車です。個人的にはいつか505号機を撮りたいと思っていますが、理由が分かるのは
別のクラスタなのでここでは黙っておきます。


IMG_1718

時刻は15時ちょっと前くらいでしたが、これが夕陽の差し込む時間帯だったら良い画になったと
思います。


IMG_1727

長い車両がぐいーんと曲がってくのを見送るのってほんま最高やな・・・。
知らないおじさんについて行ってよかった。

念のため捕捉しておきますが、お互いどこかで会ったことがあるような顔をしつつ過ごしながらも、
どうやら勤め先の別店舗によく通う顧客だというのが会話の中で分かり、一人で納得してました。
名前は知らないけれど、実は知ってたおじさんだった的な。

世の中が狭いんじゃない、撮り鉄の行動範囲が広いだけだ(しかも被る)。

それはさておき、新幹線の見える丘では間違いなく新幹線が見えるので、いつか次男を連れて見せて
やりたいと思います。





富山地方鉄道本線 越中荏原駅~越中三郷駅間


世間様はバレンタインデーとかいう日だったようですが、おれはといえば一人部屋にこもって
古いパソコンのSSD化をして遊んでいました。

IMG_1557

・・・という状況があまりにも切なく、かつクローン作業が終わるまでの間、他にすることも思いつか
ないので、天気が悪くなるころを見計らって、常願寺川河川敷というか土手の辺りに来てみました。

以前は天気の良い日に太陽の位置と相談しながら撮影しに来てたけど、雪の季節なら雪を撮れば
いいし、今の時季は太陽の位置はほとんど関係ないから好きなように撮れるのさ。
冬生まれだから寒さには慣れているという自己洗脳。


IMG_1563

さて、さっそく目の前を通過しましたのは旧京阪3000系の車体と営団地下鉄などの足回りを持つ、
富山地鉄 10030系・・・。第7編成なので台車はJRの廃車発生品のDT-32っすね。


IMG_1564

常願寺川を渡り切ったあと、勾配を下って越中荏原駅にて停車しました。反対方向からも同じく
10030系の車両が見えますねー。
・・・本当は雪の中を走るレッドアローを撮りたくて来てみたんだけど。


IMG_1572

というわけで 10030系第4編成。台車は日比谷線300系と同じFS-510を利用。


IMG_1578

これは富山地鉄のオリジナル車両、14760系の第6編成。見た目とは裏腹にけっこうな飛ばし屋
だったりします。


IMG_1587

続いて、第1編成。チョロQにもなった車両です。


IMG_1591

そして、最近まで一度も撮ったことがなかった 10030系の第6編成と短期間のうちに再会。


IMG_1604

いちばん好きな10020系がやって来ました。この時間帯は2両編成での運用ですかそうですか。
ところで、富山地鉄のどこが好きなのかというと、この写真ではありませんが、運転台の隣りに
運転士さんの私物らしき鞄が雑に置いてあるところです(ぉ

中にはお弁当袋っぽいのも見えたりして、ほっこりしますね。


IMG_1606

よく見ると、ランプがかたっぽ切れてる・・・(苦笑


IMG_1610

電鉄富山駅で折り返してきた第7編成。


IMG_1616

だんだん雪がひどくなってきましたねー、これぞ冬の北陸って感じ!


IMG_1619

さて、もう1本撮ったら帰ろうか。


IMG_1626

またしても 10030系、第5編成。
この車両を見送りつつ越中荏原駅のホームを見ると、また反対方向から10030系が見えたので、
この日はこれで帰ることにしました。


IMG_1629

今日も今日とて 10030系率の高い時間帯に来てしまったようです。最後は第3編成でした。


おしまい。



アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR