富山機関区に行ってきた


ここ数日、家人の用事でふだんよりも早めに保育所へ送ることになってたのですが、そこに勘づいたのか、次男が「電車を見てから保育所に行きたい」 と言ったので、ちょっとだけ思案して富山機関区周辺に連れて来ることにしました。

IMG_4405

あいの風とやま鉄道の東富山駅も一瞬だけ脳裏に浮かんだんですが、電車がいないことには納得してもらえないと思って、回送されてきたものも含めて、間違いなく確実に電車が見れる場所として考えたのがここでした。住宅地がすぐそばにあるので、カメラを持ってうろうろするのはちょっとどうかと思ってあんまり来ないんですけど、子供連れなら大丈夫っしょ的な。

あと、もしも窪新町に住んでたとしたら、毎日ここに来てたかもしんない・・・。


IMG_4402

でもね、着いた先がちょっと端のほうだったので、今の季節はお休み中のラッセル車しかいなかった大将。
この日見かけたのはディーゼル機関車 DE15 の1504号機。


IMG_4401

初めて知ったんですが、ラッセルヘッドと機関車部分の車体番号って一緒なのね。これだとどっちか故障したときとかどうするんだろうとか軽く気になりました。とは言え、連結部がなんかカッコいいよね。次男も初めて見る機関車に興味深々でした。


IMG_4400

2015年の秋に ”Tシャツ屋ドットコム” さんから送っていただいた 『肉T』 も、2016年の夏は他にもらいものがあって(同じ団地に住む人から古着を大量にもらったので)なかなか出番が来ず、今年になってようやく出番が回って来ました。サイズも今の次男にピッタリな110cm。特にこの子は成長が早いので、これが着られるのも今シーズンが最後かもしんない。

■肉Tはじめました

IMG_4404

うおおおおお! 肉じゃ肉じゃあああああ!


IMG_4403

さて、鉄ネタに話を戻しますが、今やもうその姿を見ることがなくなったローズピンクの EF81 が、今ならまだ何台かここで見ることができます。先日行った松任工場にいたはずの車両群じゃないけれど、ふと気がつくといつの間にか姿を消してしまうんでしょうね・・・。


スポンサーサイト

富山地方鉄道 稲荷町駅


毎月一回の歯科医院通いの帰りに、次男と富山地鉄の稲荷町駅に行ってきました。このあと次男を保育所へ連れて行かないといけないので、長居はせずにサクッと撮ってきただけなんですが、あとから調べてみるとちょっと珍しい編成と出会ってたかもしれないので、ブログに書くことにしました。

IMG_4314

富山地鉄のロゴマーク。


IMG_4304

APAと書いてアピアと読む、ショッピングセンター駐車場側に停車していた増結用のクハ175。これ、今まで見たことあったっけ・・・。


IMG_4305

先頭の二両は 10020系の第3編成、モハ10025+モハ10026


IMG_4310

塗装色が同じ富山地鉄特急色なので、つい見落としがちですが、異なる台車が使用されているのがじわる。
モハ10025 と モハ10026 は営団地下鉄3000系から流用のFS510。撮り忘れたクハ175の台車は ND-308T ということでした。
だからどないやねんって話なんですけど、こういう些細な記録が数年後にグッとくることがたまにあるんですよ、たぶん。


IMG_4308

クハ175 と、モハ10026 の連結部分。連結にうるさい次男に命令されて撮りました(


IMG_4307

アルプス・エクスプレスの3号車。

今月のアタマに釜ヶ淵付近で撮り損ねた(視認はできたから概ね満足はしているけれど)ので、いつかちゃんと走ってるところを撮りたいと思ってるんよね。この日は午後から”何もしない日”と数日前から決めていたので何もしませんでしたが、そのうち撮りに出かけたいと思います。


鉄と子供


ようやく外で遊べるくらい朝も暖かくなってきたので、近所の公園まで散歩に行ってきました。

これまではずっと家にこもってテレビで YouTube ばかり見てたからね、いくらなんでも不健康やろと。
何が不憫化というと、よその家庭のお子さんたちが新しい玩具で楽しそうに遊ぶ様子を撮った動画を、
うっとりしながら見てるんですよ・・・。

それで遊んだ気になっているならお金がかからなくて良いんだけど、情操教育としてはどうなんだと。
とか言いながら、この記事を書いている今日は雨降りで、隣では次男が YouTube 見てるんだけどね(爆

IMG_0386

大袈裟じゃなく、この一年で脚がずいぶん長くなりました。
履いているシューズがボロボロなのを後で嫁に言ったら、まさかの長男のお下がりだったらしい。
(年が離れているので)12年モノか・・・。

一度修繕したらしいが、ここ最近特にこのシューズが気に入って履くようになり、底が剥がれてきた模様。
なんでも、マジックテープのないタイプなぶん、すぐに履けるから楽なんだそうで。


IMG_0368

場所を移して 『あいの風とやま鉄道』 が目の前を走る様子が間近で見られる公園へ。
ここまでを歩きながら来る間の会話が好きでね。
帰りにいつもの自販機でジュースを買って分け分けしながら歩くのも楽しい(おれが)。

ただ、一部の一方通行区間の交通量が多く、スピードを出すクルマが多いため注意が必要なのと、
公園という名称にはなっているものの、主に公民館を中心とした避難場所として設置されたスペースなので、
外にトイレがないのが難点でしょうか。

おかげで何度も死にかけたことがあります。


さて、この時間は 8:40 東富山駅発の電車(列車番号536M) が通過するころ。
狙ってたわけではありませんが、調べてみると今日は ”とやま絵巻” が運用されているのが分かりました。
というわけで iPhone7 の出番だ。




車体が黒く塗装されているため、次男が ”コーラ電車” と勝手に呼んでいるんですが、昨年の9月に行ったイベントのことを
ちゃんと覚えていてくれてるのがうれしい。

いつか近いうちに富山駅まで往復して帰って来る贅沢な乗り鉄でもしてやろうかな。


IMG_0391

翌日は昼からの出社だったので、またまた同じ公園にやって来ました。
2日も続けて天気が良いとうれしいね。

最近はおままごとが楽しいらしく、拾ってきた枝なんかを使いながら遊んでいます。
これぞ、本来の子供の姿・・・!

コンパクトな公園何ので遊具がちと物足りないですが、このあと保育所へ行かないといけないことを考えると、
稲荷公園でガッツリ遊ばせるのは無茶というもの。
なので、散歩がてらに軽く遊べるこの公園で良いんです。

さて、この日の 536M はクハ412-2 でした。
とやま絵巻はといえば、7:23 に高岡駅を出て、8:18 に黒部駅に到着する 531M として運用に就いているはず。
てことはこの時間なら回送で富山機関区まで戻ってくるころだな。




その読み通りに東富山駅方面からやって来たとやま絵巻。

もっと良い場所で撮れなくもないけど、子供と一緒に見ることが大事なのだ。



富山ライトレール 城川原駅~蓮町駅間


富山市内の桜も葉っぱがだいぶ目立つようになってきました。
ここ数日はずっと天気も悪く、多少の雨なら、と思うおれでも外に出かけたくならない日が続いていたので、
この時期になってようやく桜を愛でることができたという。

IMG_2561-2

今日訪れたのは、小学校3年生から中学校2年生くらいまでの間生活していた地域の線路を挟んで東側です。
下を流れるのは富岩運河です。

毎年咲く桜だけれど、なかなかのんびりと時間をかけて眺めることができなくて、この日も後から職場へ呼び出しを食らい、
その途中でスピード超過の違反切符を切られるなど、心の中もずっとザワザワしっぱなしでした。

おれはただ、天気の良い日にのんびりと綺麗な景色を眺めながら過ごして、心をリセットしたいだけなのに。
疲れを引きずったままの心では、ブログを書いていても楽しくないのでしばらく間を置こうと ”隔週刊” としてはみたけれど、
なかなか抜け出せそうにないみたい。

青空があるから外に出たくなる、綺麗な桜が咲くから見たくなる。そのどちらもなければ、何もやきもきすることないのに。


富山地方鉄道 寺田駅


ふと思い立って、鉄道写真家の中井精也氏の著書 『中井精也の鉄道スナップ撮影術 ゆる鉄』(2010)の表紙にも
使われた富山地方鉄道は寺田駅に行ってきました。

この駅の駅舎は、木造で趣のある駅舎が今も残る富山地方鉄道の中でも屈指の古さで有名、ひとたびそこへ降り立てば、
時間が止まったような景色を目にするだろうと期待に胸を躍らせて向かったわけですが、


SDIM0053
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

老朽化が進み過ぎたおかげで、2016年9月に改装してピッカピカになっちゃてYO!(爆笑

ただし、ホーム上の待合室を持つ建物はまだ残っている模様。
とはいえ、電車にも乗らないのに立ち入るのは憚られるので、今日は周囲からの写真を撮ることに。

いつかそのうち次男を連れて稲荷町駅から地鉄に乗ってどこかへ行ってみようと思っていたので、この駅で折り返して
帰ってくる”プチ乗り鉄”のコースにしつつ、リベンジしてみてもいいかな。


SDIM0055
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

立山線側から2番ホームを望む。


SDIM0050
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

右奥に見えるのが待合室のある建物ですが、現在は使われていないらしいです。


SDIM0051
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

と、そこへ立山行きの14760系の第3編成が入線。


SDIM0052
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

今日もまた、地域住民の足となりその生活を支える富山地鉄なのであった。


SDIM0056
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

その帰りには立山線沿いにクルマを走らせて稚子塚駅にも行ってみました。ここもまた中井精也氏が訪れ、地元の小学校の
生徒の協力を得て撮影をしていた駅でもありました。

電車が来るまでまだ20分は待たないといけなかったので、今日はここまでにして家に帰りました。





最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR