あいの風とやま鉄道 521系1000番台


休日はいつも保育所へ通う次男を送り出したあとは夕方までヒマなので、紫陽花を求めてクルマで小一時間程度彷徨ってみました。カントー地方ではもう梅雨入り宣言がなされたようですが、裏日本はまだもう一週間ほど後になりそうです。まあ、ざっと近所を巡った感じでは、まだまだ写真映えしそうなほどは咲いていないのがようく分かったべな。

その帰り道、ふと思いついて昔よく鉄道写真を撮りに来ていた神社のそばまで来てみたら、すぐに倶利伽羅方面へと向かう電車が来たので一枚だけ撮りました。

SDIM2020-2
[ SIGMA sd Quattro / SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art ]

帰ってから写真を確認してみると、いつか機会があれば撮りたいと思っていた 521系1000番台ではありませんか!川崎重工で製造されたのち昨年の12月に富山へと甲種輸送され、今年の3月にデビューしたという話までは聞いていたけれど、運用状況とかを子細に調べる気力もなかったので、そのうち撮れたらいいなぐらいにしか思っていなかったんですが、まさかこんなあっさりと会えるとは。

この 521系1000番台は、あいの風とやま鉄道開業時にJRから譲渡された413系(5編成が現存)の置き換えとして、2022年までに同数が製造される計画です。ということは、この車両をよく見かけるようになる=413系の姿を見かけなくなるということになるわけで、仕方がないとはいえ寂しくなりますねぇ・・・。

ちなみに外観が同じの0番台3次車との見分けかたは、編成番号である”AK17”の文字と、貫通扉のガラス面に貼付けされたロゴマークです。あとは行先表示がフルカラーの液晶になったところかな。

ところで、架線の部分にけっこう大きなセンサーダストが写り込んじゃってしまい、Lightroom で修正しようにもなかなかうまくいかないのでそのままにしてしまいましたが、こういう複雑な場所のスポット修正ってどうやったらいいのでしょうか。


スポンサーサイト

松任駅の新幹線が見えるパーキングに行ってきた


ちょいと仕事がらみの用事で金沢まで来たついでに、4月20日に松任駅南複合型立体駐車場 「マットーレ」 の屋上に開設されたばかりの 『新幹線が見えるパーキング』 に行くことにしました。

SDIM1875

まずは用事を終えて腹ごしらえ。

ひらがなけやきならぬ、カタカナマクド。富山ではまず見かけない珍しいカタカナ表記の看板だと思うんですが、どうでっしゃろ。
ちなみにこれを撮りたいがためだけに来ました(ぉ


SDIM1880

お腹もふくれたところで、目的地の 『新幹線が見えるパーキング』 へ。けっこう小刻みに上階へ移動しないといけないので、事故には気をつけないといけないかも。


SDIM1877

さっそく構図をチェック。実は、クルマを停めてから一旦エレベーターで2階へ降りておしっこしてた間に一本通り過ぎていったんだよね。そのあと一向に来る気配がなかったので、やっちまったかも!と思っちゃいました。


SDIM1884

何せここは津幡の 『新幹線が見える丘』 とは違って、2018年5月現在未開通の区間。金沢駅と白山総合車両所を往復する回送列車しか通らないため時刻表なんかあるわけでもなく、ただひたすら待っているしかありません。だからマットーレなのか(違
しかし、逆に言えば金沢駅以西の北陸新幹線の状況を記録できたわけで、思い出としてはこれはこれでアリかと思います。現在はちょうどこの辺りがデッドエンドになっていて、その先にはまだ線路が敷設されていません。やや右に通っている線路は一旦地上へ下り、そのまま白山総合車両所へとつながっています。


SDIM1883

中央の建屋がその白山総合車両所です。遠目に見た感じ、もぬけの殻って感じやね。こんな状況からどうやって新幹線が来るのを予測するかというと、出場する車両のヘッドライトの目印にするしかないのであった。


SDIM1882

というわけで、本日の目標を達成。走る新幹線を連写なしの置きピンで撮れるのは、速度の遅い回送列車だからというネタバレとともにお送りしましたが、風景として撮るなら屋上から、車両のディテールを撮りたければ階下へといった感じで、同じ場所でも垂直方向に位置を変えることでいろいろと工夫ができそうですぞ。


SDIM1886

ちなみに奥に見えるのはJRの金沢総合車両所でございます。昨年のちょうど今頃には富山港線を走っていた クハ455-60 を撮りに来てたのを思い出しましたが、件の車両は解体されたのか姿が見えませんでした。


SDIM1887

白山総合車両基地へと帰っていく E7系北陸新幹線 F12 編成(J-TREC横浜製造)。この日の滞在時間(一時間)で見れたのは、おしっこして戻ってきたときにちょうど車両基地へ帰り、金沢駅へと折り返して行った F14編成(日立製造) とこの F12編成 だけでした。できることなら遮蔽版の設置された F13編成 を見たかったなあ。

今はまだ線路が一本しかないので、そんなに頻繁には走って来れないのを頭に入れつつ、また気が向いたら見に来てみようと思います。





元富山地方鉄道射水線のデ5022と万葉線のドラえもんトラム


以前、野鳥撮影にハマっていたころに四方(よかた)から国道415号線を走って足洗潟公園へ行き、県道41号線を南下して田尻池まで行くのがお決まりのコースでした。その国道415号線のわきに、いかにも線路があったような道があったのがずっと気になっていたのですが、その謎がようやく解けました。

SDIM1537

その道とは、富山地方鉄道射水線(1980年に廃線)の跡で、かつてそこを走っていたのは、新吉久駅のすぐそば、「リサイクルセンター高岡(高岡市衛生公社)」 の敷地内に静態保存されている、デ5022でございます。デ5010形電車の最後の車両と言われるその歴史については後述しますが、車体にも書いてある 「デ」 とはこの車両が 「電動」 であるという意味です。


SDIM1535

んで、こちらはド(ぉ

富山地方鉄道から、射水線の一部を引き継いだ加越能鉄道が運営する万葉線を走るドラえもんトラム。時刻表をチェックして撮りに行く日に限ってカスリもせず、こうして別の車両を撮りに来たときに限って出逢えるという憎いあん畜生。来るのが分かっていたら、50-100mm なんかじゃなく、24-35mm を選んでいたのにな。


SDIM1536

海王丸駅前の踏切で見かけた、同じく万葉線のデ7000形。デ5000の後輩くんですな。同形の電車は富山地方鉄道でも運用されていますね。北陸コカ・コーラのラッピングがキュート。


SDIM1538

ドラえもんトラムとはここでお別れ。まったく期待も予想もしていなかったのに、ちゃんと写真に収めることができて良かった。


SDIM1539

さて、デ5022。富山新港の建設に伴い1966年に港口が分断されることとなり、新湊から越の潟を走る射水線は富山地鉄から加越線を引き継いでいた加越能鉄道へと移管され、同時にデ5010形の一部の車両も移籍することとなりました。それらも1971年には解体処分されたのですが、このデ5022だけは車籍を抹消されながらも作業用機械として存続し、2012年まで万葉線の除雪用として働き続けました。


SDIM1540

老朽化でいよいよ運用が難しくなったこの車両の余生を引き受けたのは、ほかでもないリサイクルセンター高岡。解体ではなく保存を選んでくれた男気に惚れたぜ・・・! ちなみに敷地内には入ることはできず、こうして沿線道路からの見学になります。実は、
以前行った 「雨晴海岸フォト散歩」 の帰り道にこの前を通ったんですが全く気が付きませんでした(苦笑。それくらい地味で殺風景な工業地帯(特にこのエリアは解体工場が多い)の中にあって果たしてどうなのかと思わなくもないけれど、近くにお越しの際はちらっとでも良いので富山の鉄道史に残るこの車両を見ていってくださいませ。





宇奈月温泉駅に行ってきた


用事で近くまで来ることがあったので、宇奈月温泉駅に来てみました。ちなみにここ宇奈月町および黒部市には、富山地方鉄道本線の終着駅である ”宇奈月温泉駅” と、黒部峡谷鉄道の”宇奈月駅”、そして日本一駅名の長い北陸新幹線の”黒部宇奈月温泉駅” があります。

SDIM0677
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

あ、今 「ふ~んそうなんだ」 なんて思ってうなづいたでしょ?


SDIM0697
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

なーんて寝言はおいておいて(ぉ、せっかく来たので時間までぶらっと散歩してみようっと。

*写真はすべてJPEG撮って出しです。


SDIM0698
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

レッドアローが来ないかな、と待っていたけれど入線してきたのはカボチャ電車でした。ちなみにここまでは県道14号線と並走するように線路が通っているわけですが、たいした勾配もないのに電車がクルマの横をゆっくり走ってくれるので、ちょっと楽しかったです。次男にも見せてあげたかったなあ。


SDIM0679
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

宇奈月といえば、やっぱりトロッコ電車だよねー。さすがにこのまま乗って行ったりはできないけれど、ちょっと撮りたい写真もあるのでもうちょっとブラブラしてみます。


SDIM0700
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

さすがトロッコ電車の町、街灯の装飾もトロッコ電車。こういうのけっこう好きなんですよねぇ、砺波市ならチューリップ、射水市(旧新湊市)なら海王丸にちなんだ帆船の形というふうに、デザインも様々で見ているだけでも楽しいです。


SDIM0680
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

死ぬ前に一度やりたかったことのうちのひとつ、『(新)山彦橋を走るトロッコ電車の写真を撮る』 を実現することができました!
観光パンフレットなんかでもよく見る構図ですけど、知らない誰かが撮った写真を刷り込まれるくらいなら、自分の目で見て記憶に刻み込みたいとずっと思っていました。


SDIM0686
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

山彦遊歩道から望む。そうそう、この遊歩道へは宇奈月駅の線路下を通って行くんですが、そこがまた写欲をソソる感じで、そういう感性を常に持っていたいと思いました。


SDIM0689
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

”故障”と貼紙されたまま留置されている貨車。


SDIM0683
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

2013年に退役したED11号電気機関車と、ハフ10客車。せっかくだから、黒部市内のあちこちに静態保存されているトロッコ電車を撮り歩くのも楽しいかも。


SDIM0687
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

ふと振り返ってみると、宇奈月駅の駅舎近くにまるで宇宙船のようなカーブを描いたコンクリート製の構造物が目に入りました。ロマンもへったくれもないですが、ただの駐車場でした(


SDIM0695
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

オフシーズンのせいか観光客の数もそこそこ・・・ていうか、この時季はけっこう穴場なのかも。紅葉は見られないけれど、天気さえ良ければ静かに絶景を眺められるし、機会があれば狙ってみようかな。


SDIM0696
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

温泉街のところどころに見られる銅像のうちのひとつ。写真は撮らなかったけれど、「裸婦像」ってラフなお題を付けられた裸の女性を象った像もあったよ!


SDIM0699
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

いつだったか、ここに来たときもこのバイクに目が留まったっけ・・・。


SDIM0701
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

さて、宇奈月温泉駅を離れ帰路に就きます。こちらは富山地方鉄道下立駅の近くというか、宇奈月麦酒館から国道8号線方面にちょっと行った先の公園に置かれている凸型電気機関車。

この裏手にちょっとした水場があって、そこがまたザリガニさんが好んで棲みそうなロケーションだったので、来年の夏は次男とここに来てみようと思いました。


SDIM0702
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

野晒ゆえの宿命。


SDIM0706
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

トロッコ電車つながりで、北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅向かいの富山地方鉄道の新黒部駅前まで来てみました。どうでもいいことなんですが、こうして黒部黒部って何回も書いていたら、だんだんゲシュタルト崩壊が始まってきて、軽く混乱しています(


SDIM0708
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

ED8号電気機関車とハ型二軸客車。さすがに北陸新幹線で富山入りする最初の駅近くに置かれているだけあって、とてもきれいに保存されていますね。


SDIM0709
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

トロッコ電車と富山地鉄のカボチャ電車。今日はカボチャ率高し。

そういえば、最近は不思議と東急のお下がりの17480形に出会うことが少なくなりました。最低でも週一は訪れる稲荷町駅でも見かけないくらい。


SDIM0707
[ SIGMA sd Quattro / 24-35mm F2 DG HSM | Art ]

何はともあれ、紅葉の時期を前にしてオレンジ色に染まった一日だった気がします。

サマータイムブルース


「夕方までに帰って来られる範囲でちょっと遠出しよう、そうだ、猪谷あたりが涼しそうで良いかも。常虹の滝の辺りにあった流しそうめんの店、閉店したあとどうなってるのか、見に行くのもアリだな。ついでに猪谷駅でディーゼルカーの写真を撮るのも悪くない」

なんてことを前日に考えていたんですが、その妄想を打ち破るほどに外が暑かったので断念、でも何もしないではいられない気分だったので、ちょっと近場まで憂さ晴らしに行ってきました。

IMG_5154

あいの風とやま鉄道線の富山貨物駅・・・付近でございます。スプリンクラーでレール冷やしてました。


IMG_5162

家を出るときに ”見れたらいいな” ぐらいにしか思ってなかったわりに、ピンポイントで「とやま絵巻」と出会えました。この日は車両整備のため運行はなかったことを今知ったけど、やっぱ惹かれ合ってんのかな、ぼくたち(ぉ


IMG_5156

黒部スイカ、美味しそう・・・。


IMG_5157

この日はいつになく413系が停車していて、写真の クハ413-2 や 413-1 のほか、青色に塗装された クハ413-7 か 413-10 のどれかもいて・・・てことは現存する413系がひょっとしたら全員集合してたかも~(青色のはじっくり見てなかったので、もしかしたら両編成ともいた可能性がなくもない)。ちなみにとやま絵巻は クハ413-3 でっす。


さて、何の努力もなしにお目当ての電車が見られて拍子抜けしちゃったので、今度は稲荷町駅にでも行ってみようか。
実は今朝、子供の歯医者の帰りにちょっとだけ見てきてたんだけど、常駐している機関車が面白い位置にいたんだよね。
(近くにあるショッピングモールは何かイベントをやっているらしく、珍しくクルマを停められなかったのであきらめていた)


IMG_5166

というわけで、その足で富山地方鉄道の稲荷町駅へ。お目当ては右の黄色い機関車、DL-12です。いつになく道路側の待避線にいたのが気になっていました。


IMG_5168

あと、増結用の14760系のクハ175が 10020系とくっついていた編成が見られたのと、デキ12021、それにアルプスエキスプレスが並んでいたぞ!


IMG_5171

そしておもむろに動き出す 10020系+クハ175。この光の当たり方、好きだなー。

本当は先頭のモハ10025が綺麗になったとか(勘違いかもしれません)で、じっくり見たかったんですが、チャンスを逃してしまいました(苦笑。

註:ボロボロだった塗装も塗り直されて綺麗になったのは、14720系の第2編成でした。特にクハ172の傷み具合が深刻そうだったので安心しました。またどこかで撮れたらいいなあ。


IMG_5172

ちょっと前までそんなに鉄道好きじゃなかったのに、何やってんだろ、自分。


IMG_5173

それでも撮っちゃう デキ12021。記録写真として好き嫌いせず残しておくことも大事。


IMG_5169

この DL-12 も、正直動いているところを見たことがないけど、とりあえず撮っておく。


IMG_5179

相変わらずカッコイイ、アルプスエキスプレス。

おれ、生まれ変わったら西武池袋線沿線の住民になるんだ。かつて、この車両(旧西武鉄道5000系)の仲間には渡辺美里のライブが行われる旧西部ライオンズ球場へと向かうファンたちが乗っていたとは感慨深い―。どの編成が富山に譲渡されたか深堀りすればもっと面白い発見があるかもしれないけど、今はやめとく(ぉ

追記:西武鉄道から譲渡された5000系は、5501編成と5507編成でした。これらが MISATO TARIN として運用されていたかどうかはさらに情報を求ム(ぉ


IMG_5177

中間車の クハ112 の車体下部に何もないのが、妙に模型っぽく感じられたりして。


IMG_5185

んで、本当は地鉄電車をメインに撮りに来たのではなくて、この信号機を撮りたくて来たのは内緒。今朝、目の前を通り過ぎたときにふと目に止まって、一目惚れですわ。


IMG_5190

ほら、ね。


IMG_5182

そんなところへ、もうひとつのレッドアローが。


IMG_5183

よく見ると、運転台には作業員の方が。今日は点検日か何かですかね。


IMG_5187

信号機とのツーショット(*´Д`)ハァハァ

ていうか、これほど間近で見たことはないかも。細かな傷や歪み、塗装の剥げまではっきりと分かってワクワクするぅ~
なぜか立山駅で見かけたときに感じた前面の凹みは感じなかったなあ。


IMG_5189

そのまま洗車機のあるレーンを通過して行きました。

洗わないのかよ!(笑


IMG_5194

そして今日も富山の人々の生活の足となる富山地方鉄道なのであった。



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR