SIGMA Short Film "blur"


一眼レフ用交換レンズメーカーの SIGMA が、突如として映画撮影用レンズを発表したのは
記憶に新しいと思います。
そして今回は、そのレンズを使って撮影された15分のショート・ムービーを公開。

「すべての写真、すべての人生は素晴らしい」という思いを込めて制作された作品のタイトルは、
”blur”―



作品中、主人公サムの父親であるアンドリューが手にしているのは Kodak Retina IIa というカメラ。
使っているレンズは銘鈑が読めないので分かりませんが、あの寄り方だと 35mm だと思います。
まあ、アンドリューは亡くなるまでに山ほどピンボケ写真を量産していましたから、意外と 50mm
だったりするかもしれません。

このカメラは今でも eBay に数多く出品されています。


1986 Komfort T Class 5th Wheel RV Trailer

1986 Komfort T Class 5th Wheel RV Trailer - liveauctionworld.com

そして、ワイアット親子が生活しているトレイラー・ハウスは、Komfort・・・って製造メーカー名って
認識でいいんですかね? 写真は1986年式モデルですが、作品に登場するのは1984年式だと
思われます。(床部分の小窓の形状が異なる)

ドアの枚数等バリエーションもあるようですが、探しきれないので諦めました。

こちらも、程度はともかくとして中古車が数多く出回っていますし、ハリウッド映画ではわりとよく
見かける気がします。


■RANDY GAMBILL
randy-gambill-pictures

ハゲ散らかした冴えない父親役を好演していたのは、ランディ・ガンビルというアメリカのTV俳優。
活動期間は2006年から現在、出演作品は3本ということで、外見だけじゃなくキャリアも冴えない
感じですが、この動画が目に止まって活躍の場が増えるといいですね。


■Robert M. O'Brien - Zero Tolerance - ARI


サムは父親を亡くしたあと、彼の遺品の未現像のフィルムを現像し、これまでアンドリューがカメラを
通して見てきた愛情あふれる世界と、永遠に若くて美しい姿を残した母親を見つけます。
彼の左腕に刻まれた二本のタトゥーにギャップを感じるほどに清潔な身なりが、いちどは不良になった
サムも更生し、これから家族とともに人生を歩んでいくこれからの姿が見えてきます。

そんなサムの中の人は ロバート・マイケル・オブライエン。
2016年6月に公開された動画を見つけましたが、”Zero Tolerance” って容赦しないって意味だっけ?
おいおい、しっかりしろよ、サム。


さて、作品の舞台はロサンゼルス郊外。プロローグではヴァン・ナイズで聞いた話とされるこの物語。
ヴァン・ナイズといえばプライベート機やチャーター機などが発着するセレブ御用達の空港がある
ことで有名ですし、その地名と同じ名前で徳島空港そばでカメラ用バッグの製造をしている会社を
知っていることから、オープニングからちょっとワクワクしていました。

が、いざ観始めてみると、アメリカの抱える貧困問題が頭をよぎってきて、昼間から仕事もせずに
ブラブラしているものの、身なりはそれほどみすぼらしくもなく、かつて教養のある生活をしていた
ことが窺えるアンドリューの振る舞いから、なんらかの事情で仕事を失くし、妻を亡くし、
男手ひとつでサムを育ててきた一人のアメリカ人中年男性のリアルな姿が見えてきました。

アメリカ 格差社会の底辺で~ワーキングプアの現実~ - without a trace

トレーラー・ハウスは決してオシャレなものじゃない。家を買えない低所得者が仕方なく借りるか
買ったりして住処にしているだけなんだ。
古びたレチナは生活がまだまともだったころの名残、フィルムを現像しなかったのは、金がなくて
”できなかったから”。それでも撮り続けていたのは、自分が見て素晴らしいと思ったものを
少しでも天国の妻―マリアン―に届けたかったから・・・。

そんな人生が、はたして素晴らしいといえるのか?


そう考えてしまったおれは、泣けないな・・・。


スポンサーサイト

VAIO スペシャル動画まとめ


映画 『シン・ゴジラ』 で尾頭ヒロミ環境省自然環境局野生生物課長補佐役を演じ、強烈な印象を
残した市川実日子氏をCMキャラクターに起用した、VAIOの新CMが立て続けに公開されました。

これらの動画が公開されたとき、ちょうど空港で飛行機撮ったりしながら、飛ばないヘリの動向を
探っていたた
めにじっくり見ることができず、一体何本のCM動画をぶちまけたのか分かりませんでした。

そこで、VAIOが課長補佐人気に見事に乗っかったようなCM動画をまとめてみることに。
まとめてみるも何も3本しかなかったわけですが、これでいつでも課長補佐に会えるね・・・。
ああ、おれも市川実日子に乗っかりたい(


■VAIO 静寂キーボード篇


■VAIO|圧倒的なタフネス篇


■VAIO|どこでも“最適” オンライン篇


そういえば、空港に取材に来てた地元テレビ局のディレクターが携えていたPCはVAIOだったな。



大集結!!日本の消防車両


11月25日、セブンイレブン限定で『大集結!!日本の緊急車両~本当のヒーロー・ヒロインは
私たちの身近で日夜闘っている~』と題したDVDが3種類が発売されました。

IMG_0464

1枚 1,980円もするのでさすがに大人買いはできず、次男チョイスで「消防車両編」を購入。
ラインアップは他に「警察車両編」と「救急車両編」があります。


IMG_0465

特別ナレーションを担当するのは古谷徹氏・・・かと思ったら、全く別人の古谷敏氏。
誰かと思ったら、初代ウルトラマンの中の人でした。
まあ、古谷徹がナレーションだったらカーグラフィックTVになっちゃうもんね。


DSC01821

さて、自宅で早速視聴。PS3はもうバラバラになって再起不能だけど、ついに存在がバレたPS4を解禁、
ディスクを挿入するところを次男に目撃されてしまったので、目張りテープを用意しないといけないなあ。

上映時間は約1時間。特に車両ごとの所属・形式は紹介されず、おおざっぱに”各種救助車”みたいに
テロップが表示されるだけなので、資料的な価値はありませんが、次男には概ね好評でした。


・・・あ、おれの新幹線トミカががが。


The Lawnmower Man


くだらないことを大真面目にする人(たち)が大好きなおれとしては、これは久々にツボに入りました。
F1界のレジェンドはおろか、現役のレーサーまでもがガチで参戦したエクストリーム芝刈り機レース(笑。
イギリスで約40年の歴史を持つモータースポーツだそうで、さすが庭造りにうるさい国ならではかと。

エクストリーム芝刈り機レースにF1レーサーのキミ・ライコネンが参戦 - Kotaku Japan




動画では、元F1レーサーのアンソニー・デビッドソン(知らない)、マーティン・ブランドル(聞いたことある)、
ジョニー・ハーバート(誰だっけ?)がレースをしているところに、キミ・ライコネンが突如参戦。
ライコネンが現役F1レーサーの力を見せつけて勝利するというオチ。

ただ、このレース風景がまんまマリオカートぽっくて笑っちゃったなあw


もしもあのときシューマッハが事故に遭っていなかったら、ひょっとして参加してたかも?
いや、むしろ彼の意識が少しでも回復しているのなら、誰かこの動画観せて(聴かせて)あげてほしい。

そんなほんわかした動画でございました。


芝刈り機を買うなら、こういうのじゃなきゃね!(ぉ



ストレイト・ストーリー リストア版 [Blu-ray]ストレイト・ストーリー リストア版 [Blu-ray]
(2013/08/23)
リチャード・ファーンズワース、シシー・スペイセク 他

商品詳細を見る




The Lawnmower ManThe Lawnmower Man
(1995/11/01)
Stephen King

商品詳細を見る


映画 『ゼロ・グラビティ』 メイキング


Sandra.jpg

この映画を劇場まで観に行ったときに売店で買ったパンフレット、装丁がとても綺麗でつい読みたくなった
んだけど、いやいやこういうのは観たあとで楽しむもんだと自分に言い聞かせて、90分間を乗り切ったわけですが、
パンフレットでも触れられていた新しい撮影手法”ライトボックス”について詳しく動画で観ることができました。



映画『ゼロ・グラビティ』驚きのメイキング映像


『パシフィック・リム』を観たときにも思ったんですが、もはやVFXはこれまでとは比べ物にならないレベルに来た
なあ、と。『パシフィック・リム』においては劇中のあのロボットはあからさまにCGなんですが、
怪獣の”動き”と、闘いの舞台となる”海洋”の水の動きの迫力には言葉を失くしました。

もう、”何だって出来るじゃねえか”


かつて、VFXで恐竜を現代に甦らせた『ジュラシック・パーク』より20年、どこからどこまでがVFXか見分けの
つかない、あまりにも自然で見分けることすらバカバカしくなるほどの圧倒的な表現力、
メイキング映像を観てしまったのを喜んでいいやら悲しんでいいやら複雑な気持ちになりますね。


GRAVITY.jpg

”無重力モノ”では通常、高高度から急降下することで発生する現象を利用してフワフワ感を演出していましたが、
この『ゼロ・グラビティ』では全編フワフワなので、とてもこれまでの手法では撮影できるわけがない。
そう頭で分かってはいても、実際どうやって撮ったかを目の当たりにすると、もうお手上げですよね。
まさかのワイヤー・アクションでしたが、宇宙服やISSの内装までCGだと知ったときは震えました。


ここまで来ると、演者ですらCGでもいいじゃないかと思うんですが、この作品自体が監督のイメージ通りに
撮影する方法を模索したらこうなっちゃった感があるので微笑ましい。
ただ、以降にこれに影響を受けた作品が出ることがあれば、この作品以上に”生身の演者”の存在感を大事にして
欲しいと願います。

この作品は、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーでなきゃ当たらなかった。
彼女らの存在感がなければ、観客はVFXにばかり目がいってたと思う。


まだ公開中だから、もう1回観に行ってもいいかな。




最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR