LET it GO


先週くらいから、急に思い立って自宅にストックしてあったレゴブロックでなんとなく遊んでいたら、5歳の次男に 「パパって子供?」 と真顔で訊かれたむっちーです、こんばんは。

IMG_5636

んで、そうして作ったレゴ作品について記事を書こうとするも、次男が予想以上に食いついてきて、いい歳したおっさんと現役の子供がふたりして休日の朝から背中丸めながらレゴで遊んどったとですよ。

なので、”ネブカドネザル号” なんて厨二っぽい名前を付けたこの乗り物も、数日たった今は別の形に変化を遂げているとです。たぶん、もう何日かしたら次男にあげてしまうと思うので、とりあえず記録写真的に残しておいて、またいつか似たようなのを作るときの参考にしようかな、なんて思っています。


IMG_5630

さて、こだわりポイント①はこの波動砲。大地を揺るがす必殺技を放つ主要装備さ!


IMG_5624

そして、敵から放たれたミサイルを迎撃する4門の頼もしいミサイルランチャー。ちゃんと角度が変えられるのがミソ。


IMG_5633

むしろそのギミックを次男に見せたことで彼の創作意欲に火を点けてしまい、波動砲を作る前に装備していたトレマーズの口のようなパーツを奪われてしまった。それゆえに波動砲を作ることを思いついたとも言う。

こうして、おれが思いついて組み上げたパーツを見ては 「いーなー、それほしい」と言って持っていきつつ、次男なりにおれに負けないようなものを作ろうとしてくれているのが微笑ましいし、おれもおれで、そっちがそうならこっちはこうしちゃうもんねーと、変に張り合ってしまうのであった。

ちなみに年齢差は37歳だけど気にしない(ぉ


IMG_5627

ネブカドネザル号のリアセクション。後部に何かを牽引できるようなパーツもこのときは付けてあった。


IMG_5629

こだわりポイントその②

単なる兵器っぽい乗り物なだけでなく、小物入れにもなっているのがアイデンティティ。この部分も次男にコピーされた。


IMG_2165

それから数日たって、おれがタイヤをいっぱい使っているのがずるいと訴えられたので、最低限のタイヤだけ残してあとは好きなようにさせた。白いホイルアーチも奪われたけど、かえってシンプルな形になったのでこれでよしとする。

ついでに翼を付けて飛行機形態にしてみたぞー。

このとき、”ネブカドネザル号” から、”ドルネケバブ号”に改名しようと思いついたけど、前者は新バビロニアの王の名、後者はトルコ由来の有名な串焼き料理の名称だったので改名するのはやめた。


IMG_2166

とは言え、ちゃんとロケットランチャーも付いてるんだぜ!しかも、前後に向きを変えられるスグレモノ。


IMG_2169

そして、お片付けしやすいように翼も折り畳むことができます! どうだ、かっこよくてうらやましいだろー!


IMG_2171

パイロットが乗り降りしやすいようにミサイルランチャーも垂直に立てられるようにし、コクピットの各モニター機器も前に倒せるようにした。疲れたときにはコーヒーとアイスクリームで束の間の休息を取れるようにもしたけれど、結局このパイロットのミニフィグも奪われてしまい、今は秘蔵のミハイル・シューマッハのミニフィグがパイロット席に座っている。

もう何日かしたら、まるごと次男にあげちゃおうとは思っているんだけれど、実はまだちょっと惜しいなと思っているのであった。


もともとは、長男がまだ今の次男くらいのときに、おれが部屋の飾り用に作っていた数点のレゴ・クリエイターのシリーズを、ブロック好きの長男に懇願されて全部バラバラにしたのが始まりだった。そのときもそれなりに説明書のない、自分たちだけの何かを作って遊んでいたけれど、何を作ったかは今では思い出せない。

あのときの自分は何でも説明どおりに作るのが好きだったけど、今はこうして気の向くまま思いつくままに形にしていくのが楽しいと思うようになった。

もっとパーツがあればと思うけれど、ストックに制限があることで出来上がるものもあるから、それもまた一興ということで・・・。



続きを読む

スポンサーサイト

MUTEKI


シリーズ第19作目となる 『仮面ライダービルド』 がいよいよ放送されましたね。ウチはケーブルテレビに入っているので、テレ朝系もふつうに観られることを思い出し、日曜の朝に次男といっしょに観ていました。前日には作品中に登場する変身ベルトのレプリカを買おうと群がる大きなおともだちを遠巻きに眺めてきたばかりで、毎シーズンのことと呆れながらも、ここは純粋に子供とふたりで楽しめそうな番組が増えたことを歓迎したいかな。

DSC03465

んで、ふと思い立って前作の 『仮面ライダーエグゼイド』 の登場キャラのソフビを買ってみました。実はエグゼイドも第1話しか観ていないので、このキャラクターの位置づけを良く知らなかったのですが、調べてみるとエグゼイドの最強フォーム、”ムテキゲーマー” でございました。その名のとおり、いっさいの攻撃ダメージを受けつけないのだそうで。

さて、このソフビ人形、新番組が始まったからといってすぐにはディスコンにはならないとは思うけれど、とりあえず確保しておいて、何かの機会に次男にあげようと思って。(そうやって玩具が増えていく)


DSC03462

なんで知りもしないキャラクターの人形を買ったかというと、次男がラジオ体操のご褒美にもらった図書券で買った雑誌に載っていたからなんです。この雑誌があるおかげで、最近は外で遊ぶときにもいちいちリュックに入れて持ち歩くようになったのがちょっと面白かった。これまでも外出時にはお気に入りの玩具をテキトーな袋に入れてはいたけれど、結局管理をさせられるのは親だった。それが、自分から離れないようにとリュックに入れているんだからね。(iPodは一時失くしたけど)


DSC03461

なんやこれ、星のカービィみたいやな。


DSC03466

というわけで、ブログ用の写真を撮ったら、とりあえずおれの布団の下にでも隠して(エロ本かよ)おこうと思ったのが、『ビルド』 放映前日の夜。



・・・翌朝に新番組を観たあと仕事に行って、帰ってくるとすぐに娘が近寄ってきて、「あれ、買ったんでしょ?」と、まるで嫁のような口ぶり。えっ、もう見つかったん?って訊いたら、嫁がおれの部屋の掃除をしようと布団をめくったときに見つけたそうな(エロ本かよ)。

そこに次男が来てしまって、結局丸一日も隠蔽できなかったというオチでした(苦笑。


WESTERN ARMS M8045 COUGAR F


数あるおれの趣味の中でも、家人の評判がすこぶるよくないカテゴリーの中に ”ミリタリー好き”というのがあって、基本的に戦争キライ&平和大好きにもかかわらず、究極の目的を持って創られた”兵器”というものにはある種の憧れさえ感じてしまい、戦車のプラモデルや12インチサイズのフィギュアなんかを集めていたこともありました。

が、長男の成長とともに自分の部屋を持てなくなったことをきっかけに大半を手放してしまったわけですが、そこをなんとか踏ん張って手元に残しておいたうちのひとつが、このガスガン。成長した長男にあらためて見せたら、「良い大人がそんもの持ってちゃダメだろ」(原文ママ)と窘められたのは本当(ぉ

IMG_0872

東京は渋谷に店舗を置く、WESTERN ARMS社の商品カテゴリーの中から、ハリウッド映画でもよく登場するイタリアのベレッタ社製のハンドガン、M92FS・・・ではなく、ちょっとマニアックな M8045クーガーFを選んだのは長男が生まれる前、ってことは今から17年
前にもなるのか!

クーガー・シリーズの実銃にはいくつか種類があり、さらに模型としても最初の発売から20年近く経っているので、近年見かけるモデルとおれが持っているモデルとの間にも差分が生まれています。今回は自分メモ的にそれをいったんまとめておこうかと。


IMG_0874

ベレッタ社から実銃の図面の提供を受けて製作されたこのモデル、グリップはなんと実銃に使われているものと同じ。モデルガン
だとこういう部分のロゴってちょっとだけ改変されてたりするもんなんですが、こいつは間違いなく本物のロゴを使用。
さすがにフレームとかは実銃(アルミ合金とスチール)とは違って樹脂ですけどね・・・。

おれが持っているのは、購入時期から初代のヘビー・ウェイトモデル(HW)の黒だと思われます。そのほか、初代のバリエーションでABSに銀メッキを施したものがあり、後にWESTERN ARMS が立ち上げたブランド、”シブヤ・カスタム・ワークス”銘で再販された黒と銀の両モデルのほか、メッキではなく銀色の塗装が施されたSCW版HW、そしてカーボンブラックモデルが存在するようですね。知らんけど。

実銃では、M8000をベースに使用する弾薬によって固有のモデルナンバーを持ち、”M8045” というのは「.45ACP弾」を使用する45口径のモデルということになります。ちなみにM92FS は9x19mmパラベラム弾を使用する38口径モデルで、そのフレーム強度の限界から、M8000シリーズと同じ弾薬を使用することができないんですが、多くの銃器で使用されているのは9x19mmパラベラム弾(9mm弾)なので、威力を取るか汎用性を取るかみたいな違いかと。その普及数や知名度を見るにつけ、やはり9mm弾のほうがある意味勝ったのかもしれません。


IMG_0873

さて、永年押入れで保管している間に、いつの間にかその樹脂製フレームにざっくりと削れたような傷ができていることに気づいたのが数年前。今さらもう遊ぶことないけれど、さすがにこのままというのは気になるなあ、なんとかしないとなあと思いながら、時間だけが経って行ったという・・・。


IMG_0875

そして、あるときふと思い立ってヤフオクで探してみたら、ちょうど自分の持つモデルに合うパーツ(中古)が見つかったので、さっそくげっとん。ただし、もともと素人が分解することは推奨されていないし、組立図なんてものは存在しない。けれど、補修パーツリストとそれらの使用位置を示した分解図は存在するので、それを参考にしながら3Dパズルのようにフレームの交換に挑んでみようと思います。


IMG_0876

最近ちょっと老眼気味だけど、細かい作業がうまくいくといいな。



獣電戦隊キョウリュウジャー ガブルキャノンDXセット


来月誕生日を迎える次男へのプレゼントにと、こんなものを用意してみました。

IMG_0728

4年前にテレビ朝日系列にて放送されていた、『獣電戦隊キョウリュウジャー』 の玩具、ガブルキャノンDXセットでございます。

放送当時には完全にノーマーク(前前作のゴーカイジャーで我が家の戦隊ヒーロー熱はピークに達したにも関わらず、前作のゴーバスターがクソつまらなかったから)、けれども恐竜バカに成長した次男に動画を見せたら、見事に食いついたため、機会があれば中古でいいから関連玩具がひとつあればいいな、とずっと考えていました。

んで、飛行機の写真を撮りに行った帰りにふと立ち寄ったリサイクルショップにて捕獲。もちろん中古で、購入価格は驚きの1,700円(税込)ッ・・・! ちなみに、Amazon では新品が14,000円くらいで売られてるみたいなんですけど(笑


IMG_0729

とりあえず主要な付属品である”獣電池”の欠品もないようで、これでちゃんと音が鳴ればしめたもの。鳴らなかった場合はそれはそれで自分で台詞言ってください、みたいな。


IMG_0731

箱の状態もきれいで、まるでおれみたいな”おおきなおともだち”が持ち主だったような感じ。中身には少しだけ塗装ハゲがあったけど、もしかしたらあんまり遊んでもらえなかったのかもしれない。


IMG_0733

まずはガブリボルバーの動作確認をば。乾電池が入っていなかったので、近くにあったテレビのリモコンから引っこ抜いたぜ(ぉ
あとでダイソー行って電池買って来なきゃな。


IMG_0735

こいつ、動くぞ・・・!(でないと困る)

鳴り響く千葉繁の声(笑


IMG_0732

ふと気が付いたんですが、下の穴に先客がいましたね。


IMG_0734

取説が入ってなかったので、わちゃわちゃしながら取り出してみると、付属品ではないはずの獣電池が一個余計に入ってたンゴ。これは想定外のラッキー事案。


IMG_0737

続いてガブリカリバー。

これはLR44を2個使うようですが、家になかったのであとでダイソーで買って来(ry
ていうか、別にこれは音出なくても良いような気も。


IMG_0736

というわけで、程度も含めて良い買い物ができたと思いました。



STARWARS Unleashed - Princess Leia


キャリー・フィッシャーの訃報に際し、ふと以前お友達から譲っていただいたフィギュアを保管箱
から出して眺めてみるなど。

「レイア姫」キャリー・フィッシャーさん、死去 マーク・ハミル「言葉もない」ツイート - ITmedia

しかし、今年は1月10日のデヴィッド・ボウイの衝撃的な訃報に始まり、イーグルスのグレン・フライに
造形作家の韮沢靖、モーリス・ホワイト、ジョージ・マーティンにキース・エマーソン、プリンス、
ごく最近ではジョージ・マイケルと、音楽&アート分野のビッグ・ネームの死が報じられることが立て続け
にあって、何て年なんだとずっと思ってましたし、私事ながら自分も義祖母と義父を亡くした年でありました。

急性胃腸炎からはなんとか回復しそうなので、明日の本葬には出席できそうです(

DSC02760

さて、この ”Unleashed” と銘打たれたフィギュアコレクション、 発売当時の情報がないので、
どういう主旨でリリースされたのか分かりませんが、子供の玩具という枠を超えた、大人でも
楽しめるクオリティのフィギュアだと理解しています。

ややこしいのは、日本未発売のゲームソフトで ”STARWARS - THE FORCE UNLEASHED”なんて
のがあること・・・。PS3版なら海外仕様のソフトも遊べるから、諸々回復したら買ってみようかな。


DSC02758

さて、ぼくらのレイア姫といえば、やっぱ ”ジェダイの帰還” のときのこのコスチュームだよね!
”新たなる希望” も地味にノーブラだったりしてたけど、劇場公開時10歳にも満たなかったガキんちょに
健康的なエロさをど直球で投げ込んでくれた画期的な映画だった。


DSC02759

そのジェダイの帰還のBDは実はまだ持っていないので、今は帝国の逆襲のBDを観ています。
キャリー・フィッシャーの活躍と、名台詞を楽しむならこっちのほうだからね!

今ごろ彼女は天国でケニー・ベイカー(R2-D2の中の人、彼の死もショックだった)と思い出話でも
してるのかな、それともジョン・ベルーシと反省会でも開いてたりして・・・。


Remember, the Force will be with you, always・・・


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR