この世界の片隅に


先日、『君の名は。』 の iTunes映画レンタルがとても便利だったので、今度はこうの史代原作の 『この世界の片隅に』 をレンタル視聴しました。自宅の目の前にTSUTAYAがあるんですけど、借りに行くのも返しに行くのもめんどくさく感じる性分なので、このご時勢万事簡便で申し訳ない的な(違

katasumi.jpg

さて、原作漫画のほうはアニメ映画化の話題が出た2年半前に読んでいることもあって、ついつい原作とアニメと比較してしまいそうになるところなんですが、いつの間にか原作のことも、そもそもアニメーションであることすら忘れて見入ってました。

それくらいに人物が生き生きと描かれ、かつ原作の雰囲気そのままに動くという当たり前のことがちゃんとできているのが素晴らしい。原作のアイディアや世界観だけ拝借して、方向性が別モノになっちゃってる作品とか多いからね・・・。そういうのと比べたら、本当に誠実にこのアニメ作品を創り上げたんだと感じました。

それに、主人公の「すず」の声は女優の「のん」。もう、まんま”すず”のイメージ通りの声で、視聴後に漫画を読み返しているときにも、頭の中では「のん」の声で再生されちゃうくらい。奇跡的に素晴らしいキャスティングだったと思いました。
その一方で、すずの義理の姉の黒村径子役の尾身美詞の話し方が日本エレキテル連合っぽく聞こえて、ちょっとだけ集中力が削がれるところがあったけど、この二人の関係性は原作よりもアニメ映画版のほうがより時間を割いて描かれていることもあって、径子に感情移入しやすくなったのは物語に深みが出て良かったと思います。


IMG_1838.jpg

原作との比較ついでに、この空襲シーン。漫画ではそれまでのほんわかとした空気からガラリと変わって、かなりの迫力で爆撃機の群れが描かれていますが、映画ではすずが描いた絵のように表現されていました。


IMG_1842.jpg

そして、次のシーンでのんの声が言う ”ああ、今ここに絵の具があれば” という独白。すぐさますずは自分は何を考えてしまっているんだろうと否定しますが、すごいものを目にしたときに思わず絵に描きたくなる気持ちがよく分かるので、これらのシーンは個人的にちょっと刺さりましたね・・・。

ちなみにこの台詞は原作にはありません。また、呉の軍港で訓練している海軍の船舶の訓練の様子も、原作ではあまり描かれていないところをきちんと表現することで、たとえ軍港の町だとしてもこれまでは少しのんびりしていた、そんな時代もついに終わったことを感じさせてくれたと思います。



ところで、iPad のこのマルチタスク機能って iOS11 からでしたっけ? 映画と漫画を比較するのにとても便利で良かった、なんて。


スポンサーサイト

君の名は。


感想文を書くために創作物を鑑賞するのがイヤだったので、気が向くまで観ないでおこうと思っていたんですが、ようやく気が向いたので昨年とても話題になった新海誠監督先品 『君の名は。』 を、ほぼ一年遅れで観ました。

ちなみに、 iTunes ビデオのレンタルというやつを初めて利用してみたぞ、と。

Your_Name 1

実は、人格&性別入れ替わりモノというジャンルというかシチュエーションは創作物の中でも特にキライなほうでして、そもそも現実にあり得ないのはもちろんのこと、自分自身の体でさえ操縦するのに常に注意を払っている身としては、そう簡単にいくわけねーだろと思わずにはいられなくて。あと、話題作には乗っかりたくないというへそ曲がりな性分もあって、今に至ります。


Your_Name 2

さて、率直に感じたことを言葉にするとすれば、この作品がヒットしたのが良く分かるというか、ここ数年来のアニメ作品の中では突出した出来なのではと思いました。新海作品といえば嘘みたいに綺麗な背景描写とめんどくさい語り口がちょっと苦手で、個人的には遠巻きに眺めていようと思っていたところなんですが、アニメ作品全部に言える長所―どんなにクサい台詞でも許される、モノローグが嫌味にならない―が生きていて、最後まで休みなく観ることができました。

”聖地巡礼” なんて言葉が流行るほどに現実世界の風景をトレースした背景が多用されているのはどうかとは思ったけれど、これって逆に本当に実写作品として作ろうとすると、見飽きた俳優の顔ばかり揃えられてつまんなくなりそうで、皮肉だけど登場人物のデザインを自由にできるアニメーションの勝利ではなかろうかと。

現実の風景のトレースはまあこれはこれで、うんうん、赤羽橋分かるよー。あの辺だよね、みたいに自分の土地勘とシンクロするのも楽しかったし、この作品を観る前にちょっと飛騨古川駅まで行ってみっぺ?と目論だことがあって、ただ汽車(ディーゼルカー)
の本数が絶望的に少ない高山本線の宿命に阻まれて諦めたことがありました。

それなのに、三葉はどうやって高山本線を使って東京まで行ったんだろうか。きっと名古屋まで出て東海道新幹線に乗ったんだろうけど、「ちょっと東京に行ってくる」なんて飛騨の山奥に住む女子高生が言えるもんじゃなかろうに。まさかの富山からの北陸新幹線をキメちゃってくれたりとか?―このあたりについては、さらにリサーチが必要だな(


Your_Name 3

さておき、フィクションをフィクションとして楽しめるようにリアルさを追及した、愛すべき作品世界でした。突っ込もうと思えばどれだけでも突っ込みどころはあるだろうけど、そういうことで消耗はしたくないよねと思いつつ、BD買おうかなあ、オマケのしおりがおっぱい揉んでるシーンだったら嫌だなあと思って悩み始めています・・・。

ところで、三葉の通う糸守高校の体操服に書かれた”糸高”の文字、部首と旁をくっつけたら”縞”(しま)に見えますよね?縞といえば、作品中に三葉たちが作る組紐(瀧に手渡したやつじゃないほう)の模様がまさに縞模様だったわけですが、もしかしてそういう意図があったりしないかな、なんて思いました。糸だけに―。


シン・ゴジラ/Blu-Ray の発売日が決まったぞ!


IMG_7343-2

観てないけどびっくりするぐらい世間の評価の高い 『君の名は』、『この世界の片隅に』 を
経たあとだと、どうしても存在が霞んだ感の否めない庵野秀明監督渾身の特撮空想映画、
『シン・ゴジラ』 のソフト化がついに決定、発売は2017年3月22日だよッ!

購入するのは国民の義務として(ぉ、いくつかのバリエーションがあることにいつも混乱する
ので、今のうちにまとめておきますが、結論から言うと、

4KテレビもUHD BD 再生機も持ってなくても黙って
UHD BD 版買っとけ!!


なのである、以上!


■第一形態
DVD 2枚組(本編/特典Disc) 3,800円*

■第二形態
BD 通常版2枚組(本編/特典Disc) 4,800円*

■第三形態
BD 特別版3枚組(本編/特典/スッペシャル特典Disc) 6,800円*

■第四形態
UHD BD/BD 4枚組(4K UHD BD本編/BD本編/特典/スッペシャル特典Disc) 8,800円*

*消費税抜(悪意のある転売ヤーに惑わされないように定価は押さえておかなきゃね!)


個人的には、まず第四形態の UHD BD/BD 版は買うとして、これまでの英才教育が功を
奏してすっかり怪獣&恐竜好きになった次男対策(ディスクの記録面をべったべた触る)の
ために、DVD版も買わなきゃなと思う次第。

いずれにせよ、劇場では一回しか観れていないので、早く自宅で好きなだけ噛みしめたい
ですね。


Black Rain


ちゃんと観たつもりが、実際は大半のストーリーが頭に入っていなかった、リドリー・スコットの
『ブラックレイン』(1989年)を思い出したように視聴。

リアルタイムでは観ていないはずですが、おれの中では『アンタッチャブル』(1987年)の
テレビ放送を観たのち、アンディ・ガルシア(カストロ政権から逃れてきたキューバ系移民の子
という出自-イタリア系かと思ってた)のファンになった流れでこの作品に興味を持った・・・はず。

また、坂本龍一の著書 『SELDOM-ILLEGAL:時には、違法』(これも1989年)の中で、
『戦場のメリークリスマス』のプロデューサーだった友人の紹介で会ったマイケル・ダグラスに
高倉健が演じた松本警部補役として出演を打診されるエピソードを通じて、
なんとなくタイトルだけは頭に入っていたと思う。

それに、監督はあのリドリー・スコット(『ブレード・ランナー』 の後、まだ数本しか撮って
いなかったため、今ほど技量を疑っていなかった)だったし。

そういう流れなので、松田優作の遺作として一般に認識される感覚からは外れてますかね。
むしろ、アンディ・ガルシア演じるチャーリーが殺されるシーンばかりがずっと頭に残ってる。

そんな 『ブラック・レイン』 ですが、あらためて観ると、松本警部補役は高倉健で本当に
良かったと思います。あの坂本龍一だったらというわけではなく、
他のどんな役者でもあの役柄の自然な立ち居振る舞いはできなかったと思う。

健さん、当時すでに58歳ですか。今のどの60前の男より若々しいんじゃない?(苦笑
これまでも何本か高倉健が出ている映画を観た(と言っても 『南極物語』や『ミスター・
ベースボール』くらいだけど)けれど、この作品の演技がいちばん好きだなあ。

あとのは、仏頂面で時々口をモゴモゴさせてる印象しかなくて観る気も起きないし、
今さら任侠映画を遡って観るほど酔狂ではないし(ぉ


さて、映画のストーリーそのものは、よくよく考えたらすごくシンプルなものだという
ことに気付きました。
それを骨子として、肉付けされた脚本には目立った破綻もなく、ドラマとしてもっと評価
されても良いんじゃないかと思うんだけど。

偽ドル札の原版を巡る、親分と元子分の抗争と、アメリカ人の刑事と日本人警官の友情。
バディものとして観ても高倉健の演技が巧いので安心して観られるし、
マイケル・ダグラスには好き嫌いが分かれるとは思うけど、おれはこのくらいクドイ顔の
方が対比としてメリハリが付くので彼のキャスティングはアリだと思ってる。

外国人映像作家の描くおかしな日本感は、当時のスタッフが頑張ってくれたおかげか
さほど変でもなかったし、むしろ外国人でしか切り取ることのできない大阪の風景が
見られてとても面白いと感じました。

驚いたのは、ケイト・キャプショーの出演で、当時はスピルバーグと結婚する前でしたね。
せっかくクラブ・ミヤコのホステス役で出たんだから、『インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説』
で演じたウィリーのセルフ・パロディーでもやればよかったのに(笑

マイケル・ダグラス演じるニックのニューヨーク市警での同僚役として、ジョン・スペンサー
(2005年没)の顔がここでも見られて良かったし、公開から30年近くの時が経った今、
若山富三郎(1992年没)、高倉健も鬼籍に入り(2014年没)、松田優作の病状を当時唯一
知っていたといわれる安岡力也(2012年没)、そして若山富三郎の子分役として出演
していた吉本新喜劇の島木譲二も今年亡くなった。

30年近く経った今でも彼らはあのときのまま変わらずフィルムの中で、当時のまま永遠に
生き続けている。


ロスト・バケーション


絶賛ブレイク中の若手女優、ブレイク・ライブリー主演の海洋サバイバル映画。
原題は ”The Shallows”。意味は「浅瀬」、ということで満潮時には海面下へと沈む岩場で
立ち往生を強いられ、サメの恐怖に怯えながら脱出を図るというもの。

ちなみに、彼女を救おうとしたメキシコ人男性3人がサメの餌食になっていますが、
そこをあまり深掘りせずにサラッと流すのはまさにハリウッド・スタイル。

サメ映画といえば、古くはスピルバーグの 『JAWS』 (1975)に始まり、レニー・ハーリンの
『ディープ・ブルー』 (1999)あたりからだんだんおかしくなってきた印象があります。
今やサメ映画はアサイラム社の 『シャークネード』 シリーズしか思い浮かばないもん・・・。

それをやっとちゃんとしたジャンルに引き戻してくれる作品が公開された!
と期待したものの、ちょっと微妙だったかなあ。

登場するサメは一匹。極端に大きい個体というわけでもなく、よくいるホオジロザメってのは
リアリティがあって良いとして、
あまり姿を見せない(1人目の犠牲者が出たとき、演出上敢えて襲撃シーンを写さなかったのは、
恐怖感を逆に薄めてしまって失敗だと思う。ティーザーで見られるのは2人目の犠牲となった
サーファーの男を派手に襲うシーン)ので、映画を観ながら「あれ、おれ今何の映画観てるんだ
っけ?」と思うことがしばしば。

作品の大半の時間が、医療知識のある若いねーちゃんが甘嚙みされた左太腿を見事に止血し、
脱出の機会が来るまでじっと岩場で寝てる様子ばっかりで、さすがに90分という尺でもこれでは
ダレて来るんだよねー。

先にサメに襲われたと思しき鯨の死骸の造形が見事で、その存在が上手く「あ・・・このビーチ、
サメがいるんや・・・」と序盤に想像させてくれていただけに惜しい、非常に惜しい。

最後の闘いのオチは賛否両論あったようですけど、個人的には海上に存在するものを利用して
解決したので、全然アリだと思いました。あっけなかったけど。

あと、カモメの存在感が素晴らしかったです。

DSC02729


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR