What's The Frequency Kenneth? / R.E.M.


もしもあなたが洋楽ファンで、J-POPなんてほとんど聴かない生活を送っていたとして、
あまり気の乗らない職場の付き合いでカラオケに行ったとしよう。
聴いたとこはあるけれど、歌詞が頭に入ってないから口ずさむこともできない、
ずっと若い頃に聴いた曲ならなんとか歌えるけれど、何十年も前の曲を嬉々として歌うほどの
テンションはなく、誰かが歌っている間じゅうずっと端末を眺めて、知っているアーティスト
の名前を探している・・・。

というシチュエーションで、おれがかなりの確率(だってほとんどカラオケ行かないから)で目に
入るのがR.E.M. の名曲、”What's The Frequency Kenneth?” だったりします。

さて、そんなイマイチな状況でしか目に触れない曲だけに、ほとんど聴いたこともないのに
好きじゃない場面でしか目にしないだけに、大きらいな曲でした(苦笑
あ、R.E.M. は大好きですよ。”What's~” が収録されたアルバム 『MONSTER』(1994)の2年後に
リリースされた10枚目、『New Adventures In Hi-Fi』 はリアルタイムで聴き込んだことがあるだけ
に特に好きなんだけどね。

ただ、翌年にドラムのビル・ベリーが抜けたことでこのバンドへの興味を失くして以来、10年以上
聴かないで過ごしてきちゃった。
『New~』に収録されている最初の曲、”How the West Was Won and Where It Got Us”
のイントロの乾いたスネアがすごく好きだったのに、それを叩いていたドラマーがいないなんて・・・。

それが、たまたま iTunes の曲リストを眺めていたら、いつ買ったのかさえ覚えていないベスト・アルバム
がライブラリに入ってたじゃないですか。
これも何かの縁ということで、ようやくちゃんとこの ”What's The Frequency Kenneth?” を聴いたわけです。

この曲で歌われているのは、CBSの司会者が路上で暴行された事件がモチーフとなっています。
犯人は被害者に、「周波数は何だ?、ケネス」と叫び襲ってきたそうですが、逮捕後の主張が空恐ろしい
というかなんというか、”(テレビやラジオを含め)メディアが自分の頭に電波信号を照射している、
自分の任務は連中の周波数を測定することだ” と言ったそうで、
だからこそ”周波数は何だ?”となるわけですが、何が恐ろしいって今もこの世の中は見たくもない
聞きたくもないニュースが毎日毎時毎分毎秒飛び交ってるわけじゃないですか。

ましてネットニュースのアプリがあれば(活字だけれど)新聞よりも早くスマートフォンで目にすること
ができてしまう。自分がそのニュースを知ったところで何もできないしすることもないのに。
そんなことに時間を奪われている生活って怖いよなあ、もっと見たり聞いたりすべきことってあるのに。

知りたい情報しか得ようとしないのも怖いことなんだけれど、意味のないことに時間は割きたくない。
認めたくはないけれど、ダン・ラザーを襲ったウイリアム・タガーの気持ちが分からなくはない、
そう思ってしまった。テレビやラジオに縛られたくはないと彼が思っていたとすれば、だけど。


スポンサーサイト

2016 - 2017


あけましておめでとうございました。

お正月も早3日目を迎えようかとしていますが、本年も変わらぬご愛顧を・・・。

2016年は最後の最後に大きなものを失うことになりました。
もう、この話題はやめようとは思いながらも、やはり一家の大黒柱であった義父の永遠の不在は、
これから彼のいない世界を日常として受け容れて生きていく家族にとって、言葉に言い表せない
喪失感として影を落としています。

DSC02769

それが直近の現実なのだから、そのことに触れずに新年の抱負など語れるかって話で、
とりあえず焼き場に着くなり、義母に「おれ、この先あと20年はこんなところ来たくないからね」 と
言い、義母から 「20年後は私、86だからそのときはよろしくね」 と妙に具体的に返事をされた
ことはずっと忘れないと思う。

何より、無病息災が新年の抱負ってやつでしょうか。


さて、2017年。早いもので我が家の娘も今年で干支が一回りすることになります。
つい5年前に幼稚園のスモックを着て、嫁の退院を心待ちにしていた子がもう6年生ですか。
そのとき嫁の腹にいた次男が、今や当時の娘とほぼ同じ身長になっていることを考えると、
軽く混乱してしまいそうになりますねぇ(苦笑


DSC02764

次男は次男で、興味の対象が「はたらくくるま」から「きょうりゅう」へとシフトしていきました。
今年は福井の恐竜博物館か、白山の恐竜パーク白峰で化石掘りでも体験させようかなと思って
います。

2016年を振り返ってみると、趣味の写真撮影を軸とした行動範囲や守備範囲が広くなり、
楽しかったと言える一年だったと思います。
カモ類の野鳥に興味を持ったのもちょうど昨年の1月ごろだったような。


SDIM0076

そして、長男の高校進学を機に、これまでほとんど興味のなかった富山地方鉄道に目が向いた
のも大きな変化だったと思います。
ちょっとした隙間時間を使って写真を撮ることが多い自分としては、部活の送迎の合間の待ち時間
を持て余さずに済むのに、近くを走る富山地鉄とその風景撮影が打ってつけだったんですよね。


DSC02029

また、春先には職場近くにある ”海の駅 蜃気楼” にて伝説のユーチューバー、ジェット・ダイスケ氏
と初めて会って、いっしょに蜃気楼撮影ができたのが楽しかったなあ。
今年も予定が合えば、同じ時期にまた同じ場所で蜃気楼の撮影ができたらいいなと思っていますし、
そのための機材ならもう用意してあるので、また会えるのを楽しみにしています。


IMG_0436

IMGP0920

このほか、滑川市の行田公園で花菖蒲を撮るのも、太閤山ランドで紫陽花を撮るのも毎年の
ルーティンとなり、見頃が訪れるのがとても楽しみになりました。

ただ、松川の桜だけはまだ思うようには撮れていないので、今年の課題としましょうか。


IMGP1359

あと、米軍ヘリが富山空港に緊急着陸しちゃったのを野次馬できたのも楽しい思い出。
国際問題とかみたいな大事には至らなくて良かったし、何より変な反米派みたいなのが湧いて
来なくてよかったと思います。


DSC09139

野次馬といえば、富山地鉄を走る旧西武鉄道のレッドアローが稲荷町駅で脱線事故を起こした
ちょうどその時間帯に近くの稲荷公園で散歩してたのも思い出深い出来事でした。
このときの写真を地元のテレビ局から使用の打診をもらって快諾をしたんだけれど、
結局は使われずじまい。


DSC09077

ともあれ、この稲荷公園は椛の紅葉がとても綺麗、かつ富山地鉄と絡めて撮れる貴重な場所でも
あります。常設の遊具は子供たちにも人気だし、季節を問わず今年も訪れることになるでしょうね。

こうしてみると、富山に根を下ろして暮らす中でもけっこう被写体になるようなものが普通に多くて、
あちらこちらへと遠征するよりも前に、地元を極めたくなっています。
家族を置いてきぼりにしてまで非日常に飛び込むことよりも、日常の中に輝くものを探そうかと。

楽しいことばかりではないですが、小さくても幸せに感じられるようなものを心の支えにして
生きていこうと思います。




ご当地 nanaco カード


沖縄を除く全国46都道府県限定デザインの nanaco カードが10月下旬より順次発行されています。
その中で、地元富山限定のもののほか、お友達の zeak さんより、しぞーか限定デザインの nanaco
を送っていただきました。

IMGP1891-2

富山県が立山連峰ならば、静岡は富士山となぜかドクターイエローがデザインされてるぞ!
熊本みたいに、安直なゆるキャラに頼らない素直なデザインセンスに好感が持てますね(ぉ
広島県限定のカープデザインのはズルいと思った反面、ちょっと羨ましいと思ったけど。


nanaco_tokai

んで、笑ったのが東海地区の静岡以外の扱い・・・。

ネタ切れなのか、間に合わなかったのかまさかのドアラまみれな感じに爆笑!
三重県だって、最近だと伊勢志摩サミットがあっただろうし、鈴鹿サーキット関連でF1マシンでも
かましとけば良かっただろうに、岐阜は高山という観光地もあるし、愛知県なんて名古屋城さえ
あれば何とでもなったはず。
それがなぜこうなった・・・(苦笑

ともあれ、地元では手に入らない他県の nanaco カードが入手できて良かったです。
zeak さん、このお礼はいずれまた、精神的に・・・。


この窓は君のもの


疲労の蓄積がハンパなく、天候の悪さをこれ幸いに外出をあきらめ、自宅で休んでいたところ、
聞き慣れない鳥の鳴き声が聞こえてきたので、窓に目をやると、
まあ、どうしたことでしょう←

IMGP0833_2

近くの電線にハクセキレイ(白鶺鴒:スズメ目セキレイ科/Motacilla alba)が!
セグロセキレイとの見分け方は、頬の色ですね。セグロは頬も黒いのが特徴。


IMGP0831_2

そして、シジュウカラ(四十雀:スズメ目シジュウカラ科/Parus minor)
自宅の近くで何度となく声は聞いたことあったけど、お前が声の主だったのか。


IMGP0836_2

シジュウカラにしては頭部がボサボサな気がしますけど、まだ若いのかな?
図鑑片手に記事書いてますが、お腹の模様にしても中途半端に見えるんですよね。
羽根や尻尾の色や形状に見るにつけ、シジュウカラで間違いなさそうなんだけど。

しかし、ここって人も車も頻繁に通る住宅地よ?

天気が良かったら、野鳥の写真でも撮りに行こうかと思いつつ眠たくて昼寝してたけど、
出掛ける手間が省けちゃったじゃないか(苦笑

ちなみに↑3枚の写真はトリミングしてます。


IMG_0390

せっかくなので、100-400mm を持ち出して、ベランダに出て撮影。人通りの多い時間には
絶対できる勇気がないけどね(笑、通報されたくないし(苦笑

この子はオナガ(尾長:スズメ目カラス科/Cyanopica cyana)
巣作りの材料の調達中でしょうかね。


IMG_0400

いちど飛び去って、また戻ってきたところをもう一枚。べつの個体かもしれないけど。


短時間のできごとでしたが、家にこもりながら少しだけ気晴らしができました。

思えば春先にヒヨドリをベランダから撮って以来、野鳥に興味を持ったわけですが、
こんな街の中でもけっこういるもんなんですねぇ。


ヤマザキナビスコ、オレオやリッツの製造終了へ


衝撃的なニュースが飛び込んできました。

子供のころから親しんできた、リッツやオレオが今年の8月末以降、食べられなくなるかもしれない
ことにショックを受けています。

ヤマザキナビスコ、オレオやリッツの製造終了へ 8月末 - 朝日新聞デジタル

DSC01765

今までまったく知らなかったんですが、リッツの大元はアメリカのモンデリーズ社の商品だそうで、
山崎製パンの子会社のヤマザキナビスコがライセンス生産をしていたんです。
で、そのライセンス契約が切れるというので、日本国内の販売が終了になる、と。


DSC01766

仕事の帰りにあわててコンビニで確保してパッケージを見てみたら、確かに商標表記がありましたね。
いやあ、知らんかったわー。

8月末での契約終了に伴い、ヤマザキナビスコも社名変更をし、”ヤマザキビスケット”となるようで、
同時にリッツっぽい商品や、オレオっぽい商品を逆に自社で自由に作れるようになるため、
競合商品が発売されるかもなので、ちょっと面白いことになりそうです。

モンデリーズ社においても、山崎製パンとの契約が切れたことで、日本国内の販売シェアをまるまる
捨てるようなことはしないと思うので、今後の展開が楽しみです。




とりあえず、オレオと言えば後藤久美子だよね。

アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR