FC2ブログ

鳩を葬る


朝、子供を登校班の集合場所まで見送る時間になっても起きられないでいたころ、家内が誰かと電話で話している声で目が覚めた。鳥の死骸が―という言葉を聞いて、ああ、この前と同じように雀でも死んでいたんだろう。あのときもおれが片付けに行ったんだ。4階建ての集合住宅の階段の窓ガラスにときおり鳥がぶつかって落ちていることがある。手で触れたくないから新聞紙を厚く重ねた上に乗せて、ゴミステーションの脇の木の下に埋めた。

しかし、今回はどうやら違うらしい。鳩だ。それも、地べたではなくエントランスの庇の縁で死んでいて、下から見上げると尾と脚だけが見えて生々しい。上階の住人が管理会社に処理を頼んでみると息巻いているらしく、きっとやる気のない会社だからどうせこちらで処理をという話になるだろうけれど、適当な時間になったらまたあのときのように片付ければいいさ。そう考えながらコーヒーをすすった。

火曜日は可燃ごみの収集に来る日で、それを知ってか知らずかカラスが自然と集まってくる。ほらもう鳴き声が聞こえてきた、やつらが鳩の死骸に気付くまでどのくらいかかるだろう。仕事にでかけた家内からは何の連絡もない。乱雑に啄まれ、羽も散り散りになったのを片付けるくらいなら、と既読にならないLINEを無視して行動に移ることにした。いわゆる未読スルーである。

2階の窓から脚立を使って庇の上に乗り、この日捨てるつもりだった24本入りの缶ビールの段ボールケースに鳩を園芸用のシャベルで押し込んだ。あっけないほど軽かった。もう少しずっしりしているだろうと思って準備万端で臨んだのに、これなら新聞紙でも良かったんじゃないかと考えながら、ビールの箱に入った鳩を団地の裏の神社まで運んだ。

庇にうっすら残った赤い血はそのままにしておいた。きっと午後からの雨が洗い流してくれるだろう。

首の折れた鳩の死骸を、神社の境内の奥にある松の木の下に埋めることにした。かがんでシャベルを地面に突き立ててみると、落ちた松の葉の集まりがまるで茶色い蛆のようにみえて寒気がした。土は堅く、小さな園芸用のシャベルでは深く掘れなかったので周囲の土と落ち葉をかぶせて盛り土のようにした。雑な埋葬だが、かえって野良猫にでも見つかって食われたほうが手っ取り早いだろう。とにかく人の目にさえ触れなければいいのだ。

立ち上がって半歩下がったときにつまずきそうになった石を不格好な盛り土の上に乗せ、短い間手を合わせた。仕事が終わったと家内に報告すると、今度はもう少し大きめのシャベルを買っておくと言ってきた。おれに次はいったい何を片付けさせる気なんだろうと思った。



スポンサーサイト



NEWS


あまりこういうことをしない主義なのですが、今回はちょっと思うところがあったので今話題の漫画雑誌を買ってしまいました。

DSC04616

小学館発行のビッグコミック 2019年5月25日号でございます。

5月24日に公開される映画 『空母いぶき』 (原作:かわぐちかいじ)を特集し、映画では内閣総理大臣「垂水慶一郎」(架空の人物)を演じる俳優、佐藤浩市氏が演じた総理大臣の役作りについて自ら言及しているわけですが、その内容を読み取れなかったのか

―”観に行こうかと考えていた映画『空母いぶき』に関心を失った件について。『ビッグコミック』誌のインタビューに、首相役の俳優、佐藤浩市氏がこう述べているのが掲載されていたのを読んでしらけたからです。
「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」
「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」
 ……はあ。あえてアレコレ言う気もおきません。次は三田村某さんに続いて菅直人元首相の役でもやるといいですね。どうでもいいや。”―

という批判を展開した人物が現れました。そしてそれを知った作家や美容外科クリニックの医院長が賛同、佐藤浩市氏を糾弾したことがネットニュースなどで拡散される事態に。

【炎上】映画『空母いぶき』佐藤浩市さんの問題発言、小学館が擁護「作品はフィクションで実在の人物ではない」 - はちま寄稿

おれもこの炎上のようすを遠巻きに眺めながらも少しだけ違和感を憶えていました。―佐藤浩市って体制批判をおおっぴらに言う人だっけ?意外だな・・・会ったことないけど―。音楽関係者に多い気がするけれど、表現者がその創作物とは別の実体を持つことはよくあること。今回の件もそれが露呈したことなのかなと思っていたら、なんだかまた様子が違ってきました。

炎上した『ビッグコミック』の佐藤浩市『空母いぶき』インタビュー原文を読んだら、完全に原文と文脈を違えて引用した産経記者のやらかしであった - CDBのまんがdeシネマ日記


DSC04618

ネットニュースを読んだときの自分もそうでしたが、インタビューそのものを読まずにいるうちはそれについて具体的に何かを述べることはできないんです。なので、今回は佐藤浩市氏がおれの中では数少ない好きな俳優だったこともあって実際にインタビューを読んでみることにした次第。

まあ、内容はやっぱりというか、佐藤浩市氏は出演する作品に取り組むにあたって役者として当たり前のことをしようとし、演じる役どころに自分なりの形を見出そうとしただけで、ネットニュースで拡散された部分はその肝心な部分を見事にバッサリ切り取って発信者の都合の良いように曲解したものにすぎず、実に佐藤浩市氏は被害者そのものだったわけです。

もう、こんなのはジャーナリズムでもなんでもないや。もし、このまま実際に雑誌のインタビューを読まずに過ごしていたらどうだったろうか。映画俳優に対する評価をただ間違えたまま過ごすだけじゃない、そもそも”誤った情報を鵜呑みにしたことに気づかないまま”でいることになるんだぜ・・・。

滋賀県で起きた悲惨な交通事故に際して、論点のずれた記者の質問に言葉を詰まらせる関係先の代表者の様子を見たくないのと ”憶測でしか物を言わない薄っぺらい内容の情報番組” を嫌って、どの時間帯のテレビ番組も観なくなった。家族団らんのひとときであるバラエティー番組の内容でさえヤラセだったりするんだぜ?、そんなもののために時間を使うことが有意義とは言えない。
―だったらもう世の中の情報はネットニュースを流し見していればじゅうぶんだろう、誤字脱字はひどいし時には不正確な情報もあるけれど―と思っていたときに、これですよ。

というわけで、スマホからネットニュースアプリを消した。よくよく考えてみれば、事故や事件の最新情報なんかを知ったところで何もならないからだ。


DSC04617

ところで、件のビッグコミックをセブンイレブンで買うと、もれなく映画 『空母いぶき』 に出演している本田翼のクリアファイルが付いてきます。炎上したインタビューを抜きにしてこのためだけにこの雑誌を買うのもありかなしかで言うと、ありでしょう。

そして、おれは 『空母いぶき』 の原作漫画を読んだことがありません。


ローガン



誰にも止められないわ・・・

もう、はじまっているからね・・・


DSC04404

新しいレンズ・・・そう、


老眼鏡を買いました。


たぶん、これで偏頭痛は解消するのではと思います。





時には昔の話を


10代の頃から、10年周期で没頭する趣味が変遷しているように思う。最初の10年は音楽ばかり聴いていた。望まなくてもテレビから流れて来るような歌謡曲ではなく、地下水脈を探し当てるように導かれて聴いた曲があるとするならば、TOTOの ”Pamela” だった。

次の10年はテレビゲームばかりしていた。就職をしてから2年が過ぎた頃、初めての異動を経験した配属先での仕事が、ちょうど当時隆盛を誇っていた任天堂のスーパーファミコン関連の商品を販売することだったこともあり、”商品勉強のために” という大義名分でスーパーファミコン本体を買ったのが始まりで、そのとき買った本体は今でも稼働状態で保存している。それから、プレイステーションやセガサターンの発売を契機に”次世代機戦争”だなんて物騒な言葉が流行ったような。

当然、全部買ったわ(ぉ

それと、今よりもっと映画が好きで、嫁とよく映画館に行った。”もののけ姫” なんかさ、一度行ったときにはものすごい混みようで、日をあらためて観に行ったんだよね。今なら絶対に流行ものは避けるのに(苦笑。

その後、プレイステーション版の ”ファイナルファンタジーVII インターナショナル” の発売と同時期に売場をたたむことになって、しばらくの間オーディオ商品の担当になったのちに携帯電話の担当になった。NTTドコモが ”iモード” のサービスを始めたかどうかのタイミングでパソコン専門店に異動になったんだっけ。それと前後してソニーのノートパソコン ”VAIO” を通じて知り合った友人たちと東京でオフ会をやったあと、帰りの夜行バスに乗り遅れて池袋の西武の前で野宿をし、始発で上野まで行って初めて新幹線に乗り、正味一時間の遅刻で出社したのは楽しい思い出。

ちなみに、パソコンも趣味っちゃ趣味だけど、今は仕事でも携わっているし、今や何かしらのコンピュータがないと生活ができないし、パソコンは人生そのものだね(キッパリ。

2000年代に入った頃、このときも仕事がきっかけでラジコンに関わることになった。これまで男の子らしい遊びというものをしてこなかったこともあって、入り込むのにけっこう苦労したけれど、そのときのお客さん―今でも大切な友人として付き合いがある―たちに助けられて、楽しくハマることができてしまい、レースにまで出場してしまうくらいに厚かましくなった。今でもその当時のラジコンカーは手放せず、押し入れの天袋で10台ほど余生を過ごしている。・・・誰か要りませんか?

いちばん直近の10年は写真を撮ることが生活の一部となりました。ラジコンから離れていったのは、地域的に雨の降りやすい土地ではなかなか思うように楽しめなくなったことと、自分や友人たちも子供が生まれ、子育てを優先するようになったからだ。同時に、映画や音楽も好きな時間に楽しむには気を遣わないといけなくなったし、仕事休みに道具ひとつ持ってふらっと出かけれるという意味で、カメラはピッタリだった。

ただ、テレビゲームやラジコン、音楽CDや映画のDVDにしても、ついついコレクション的なアプローチをしてしまって、モノがあふれかえる部屋の状態を反省して、今はなるべくモノを増やさないよう、レンズを生やさないように気を付けている。

という感じで、ほとんどのことにおいて仕事がきっかけで趣味が増えていなくもないのをあらためて感じつつ、ふと思い立って今の住まいに来てからの間にたまりにたまった不要品を片付けているわけですが、箱をひとつ開けるごとにいちいち当時の記憶がぶり返してきて、なかなか片付けが進まないの今日この頃なのだ。



金沢観光のススメ


自分メモです。

いつだったか取引先の営業氏と立ち話をしていたときに聞いた言葉が印象的でずっと残っているんですが、”子供が部活をやってくれたおかげでいろんなところに連れて行ってもらえた” ―彼はサッカー部に入った息子のために遠征だ練習試合だと言って関東圏までクルマを出していた―というのを今まさに思い出しながら過ごしています。

昨年も、娘の部活の練習試合の送迎で二度も羽咋方面に行けて、次男にとてもきれいな海を見せることができたし、おれも初めての魚釣りを体験することができた。一生のうちにやれることはきっと決まっているし、それをする機会に恵まれるか自分から首を突っ込むかしないと何も知らないまま死んでしまうことになる。せっかくこうして生きているのだから、やれることはできるだけやっておこうと思う。―泥棒と殺人以外は。

というわけで、またまたお隣は石川県にお邪魔しまして、練習試合の送迎にかこつけて今回は金沢の町を歩いてみようと企んでいます。試合会場までは他の父兄にお任せして、おれは回収役を請け負い、時間まで次男のハルキさんとどこへ行こうかなあ、なんて。

■東山ひがし茶屋街


回収地点が卯辰山周辺なので、その近くで観光と言ったらやっぱりここでしょう。次男の生まれる前にこのあたりで金箔飾りのお箸を作ったような記憶があるんですが、あれは今どこに行ったんだろう?


■あかり坂


もともとは名もないただの坂というか階段だったのを、作家の五木寛之が名付けたとかなんとか。ちょっと気になるので浅野川を渡ってちょっと行ってみようかと。そのてっぺんから見えるのがどんな景色なのか楽しみ。


■金沢城公園


ここへは何度か一人で来ているんですが、先日富山の日枝神社へ初詣に行ったときに通りがかった富山城を見た次男が、お城に興味がありそうな雰囲気だったので、富山城より面白い金沢城を見せてやろうと思って。余力があれば兼六園に行ってみたいけど、まあ6歳児には早いかな。


■金沢21世紀美術館


もう何年も足を運んでいませんが、多感な年ごろの次男に常設展示されている例のプールを見せたくて。それ以外に特別面白そうな企画展がない時期なので、微妙っちゃ微妙。飽きなきゃいいんだけど。


■世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス本店


せっかく美術館周辺まで来たなら、おやつはここで決まりでしょう。約4年前にも訪れていました。あのときは次男はまだ3歳ぐらいだったかな。当時の写真を見てみると案外しっかりしている感じだったんだなあ。


という感じで、昼過ぎに金沢入りして夕方の回収時間まで上記の場所をプラプラしたいと思っています。いかんせん子供連れなので急な変更とかも頭に入れつつ、できるだけ見る人の印象に残るような金沢の写真が撮れたらいいなと思っています。



アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR