白鳥城址再々訪


予報では快晴のはずだった月曜日、軽く裏切られた気分の中、白鳥城址に足を運びました。
目的は野鳥撮影・・・。

のはずが、目視できる範囲内に鳥たちが近寄って来ないのため、仕方なく山の上から空港を
眺めてました。

IMG_0707
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

直線距離で 10km くらいですかね、富山きときと空港の滑走路が見えました。
ここに来るときに頭上を通過していったチャイナ・エアラインが駐機中で、新千歳空港との往復便が
ちょうど降りてきたところ。

ちなみにこの写真は手持ちで撮りました。


IMG_0708
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

写真中央に見えるスタジアムは、富山総合運動公園の陸上競技場ですね。
望遠レンズの圧縮効果ってすごいもんだな・・・。

奥の山の上に見える展望台は、富山市舟倉字西山割寺内にある 『風の城』 と呼ばれる建物。
大昔に嫁と来たことがあったような。


IMG_0709
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

結局、白鳥城址内での野鳥撮影は早々にあきらめて、前回来たときの帰り道に見かけた見晴らし
の良い駐車スペースに車を停めて、富山湾を眺めてました。

さて、これから空港に飛行機撮りに行こうか、それとも最近会ってない親の顔でも見に行こうかな。


IMG_0716
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

んで、その駐車スペース近くのハイキングコース脇の木々に小さな影が動くのに気づいて、
どんな鳥かも分からないまま撮って、あとで調べたらエナガだということが分かりました。

それにしても、すごく小さいの!


IMG_0718
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_0727
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_0729
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

IMG_0719
[ Canon EOS 7D / SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary ]

枝にピントを持って行かれそうだったので、マニュアルで撮ったシジュウカラ。
よく見ると木の実を口にくわえていますね。


という感じで、野鳥撮影の難しさを(ロケーション的に)あらためて感じ、また機材の性能に救われた
月曜日の午前でございました。

さて、お腹も空いてきたし、実家でお昼ご飯ごちそうになって来ようかな。




スポンサーサイト

人喰いの大鷲トリコ~The Last Guardian~(PS4)


PS2版 『ICO』 と 『ワンダと巨像』、その後HD化されてPS3版として再リリースされた両タイトル、
残念ながらメモリーカードを失くしたり、ゲーム機本体の故障なんかもあったりして、
それなりにやり込んだゲームデータは残っていない。

DSC02727-2

でも、幼いころの長男といっしょに一喜一憂しながら遊んだ記憶だけはいつまでも色褪せず、
ときどきパッケージを手に取っては、当時を思い出しながらプレイし始めるものの、寄る年波に
は勝てずに途中で投げ出してしまうようになってしまいました(苦笑


そんな中、いよいよ、というか遂に、やっとリリースされる新タイトル、『人喰いの大鷲トリコ』が
待ちきれずにこの記事を書いています。
『ICO』&『ワンダ』 両作を手がけたゲームデザイナー上田文人が見せてくれる新しい世界は
一体どんなものになるのだろうか。

ちなみに今回はダウンロード版を予約したので、日付が12月6日に変わったら遊べるはず・・・。
ただし、長男は週末まで高校の寮から帰ってこないため、ダウンロード後はそのままお預けに
なるんだけどね。

ほら、最近のゲームソフトって、ディスク版でも買ってすぐには遊べないじゃない?
だから子供と遊ぶことを前提に買ったタイトルは、先にお膳立てをしておくってわけ。
それが良いことなのかどうかは分からないけれど、とにかく楽しみにしています。


富山地方鉄道 稲荷町駅脱線事故


この日は、二週間ほど前に雨の中で撮った写真がちょっとボカし過ぎたのが気になっていたので、
再挑戦しに稲荷公園に一人で来ていました。

DSC09090

これが前回イマイチだった写真。

雨に濡れた樹木の質感は素敵なんだけれども、奥に写る電車をボカし過ぎてしまってイマイチ・・・。
レンズは RICOH XR RIKENON 50mm F2 で、それも開放で撮ってしまっていた。
思えばもうちょっと絞れば良かったかなあなんて、あとで思った。


DSC09091

このとき写していたのは、富山地鉄16010系の第1編成 モハ16011+モハ16012 でした。
車体は西武鉄道5000系レッドアローを譲り受け、台車は国鉄485系の廃車発生品を再利用した
ものという仕様に、違う鉄道会社なのにそんなことできんの!?と驚いたんですよね。


DSC09136

んで、今回はレンズこそ違えど(SIGMA MC-11+Canon EF100mm F2.8L MACRO IS USM )、
同じカメラ(SONY α7)で撮ったどー。

玉ボケもキレイだし、まあ、こんなもんかな。
あとはおうちに帰ってから Lightroom でちょっと暖色を持ち上げようっと。


・・・と考えながら、目の前の散策路を直進して、撮った地鉄電車の車体番号を確認しようと思ったら、
奥の線路に停車していたレッドアローが、なんかとんでもないことになっていた!!


DSC09126


_人人人人人人人人人人_
> まさかの脱線事故 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


ちなみに、撮ってたこのときには何がどうなってるか良く把握できていませんでした。
今、あらためて写真を見て驚いています。


DSC09129

事故当該車両はモハ16012だったか・・・。


IMGP1121

これは、10月に常願寺川河川敷付近で撮ったもの。このときの先頭車両がモハ16012でした。


DSC09130

同じ車体なので、当たり前といえば当たり前ながら、アルプス・エキスプレスが牽引車を担っていた
のに軽く驚いちゃった。ふだんあまり見かけなくてヤキモキしてたのが、こういった形で見られるなんて
複雑な気持ちになりますけどね・・・。


DSC09133

しかし、ここ(稲荷公園側)からでは状況がよく分からない。


DSC09138

というわけで、線路を渡って稲荷町駅側へと来てみました。
このロゴをいつか間近で見たいとずっと思ってたんだけど・・・。


DSC09139

奥の2両が第1編成、手前側が第2編成のアルプス・エキスプレス。


DSC09140

それにしても、こんな姿、滅多に見られまへんで!!

構図がイマイチなのは、この日は単焦点(しかも100mmマクロ)しか持っていなかったからだYO!
さらに追い打ちをかけるように、マウントアダプターとの相性でAF利かなくてMFで撮ってた。


DSC09142

作業員の方たちの様子。
・・・車体の高さが明らかにずれていますね。


DSC09145

こういうとき、MFだと木の枝にフォーカスを持って行かれるのを防げるから楽やなあ。


DSC09146

と、ここでようやくモハ16011 と、モハ16012 の切り離しに成功した模様。


DSC09148

そのままアルプス・エキスプレスに牽引されて、モハ16011は駅東側の待避線へ。
しかし、なんとも無残な様子・・・。


DSC09150

その後も作業が続けられます。


DSC09155

モハ16012の台車が完璧にやられているのがよく分かります。部品のストックなら困らないだろうけど、
これを果たしてどうやって車庫へ移動させるのだろうか。


DSC09151

子供たちを歯医者へ連れて行く時間が近づいたので、この場をあとにしましたが、居合わせた
高校生の子たちと情報交換にちょっとワクワクしたのと、このときの様子と写真をツイートしたら、
地元テレビ局の報道部から使用許可の打診が来るしで、最近出かけるたびに何か起きるのが
正直怖いです(苦笑

また、同じ日にダブルデッカー・エキスプレスも何かトラブルを起こしたようで、富山地鉄の今後の
対応に目が離せなくなりました。


現場からは以上です。

Blue & Lonesome / The Rooling Stones


2005年リリースの”A Bigger Bang”以来、11年ぶりとなるストーンズのアルバム、”Blue & Lonesome”
が出たということで、さっそく iTunes で購入。

デビューから半世紀を過ぎたこのタイミングでの原点回帰、または”始めは誰でもバンド少年だった”ことを
忘れちゃいないぜ! とあらためて宣言しているかのようでもあり、50年以上経ってもストーンズは止まる
ことなくストーンで居続けることがとても嬉しいですね。

Blue & Lonesome

ストーンズといえば、チャーリー・ワッツが酒に酔ったミック・ジャガーに、”よう、俺のドラマー!”と抱き
つかれたのを、自分がミックとキースのバックバンドと軽く見られたと捉え、紳士らしく身支度を整えてから
”お前こそ俺のボーカルだろうが!二度とそんなことを言うな!」”と言って殴り倒したというエピソードが
最高に好きで、屋台骨がしっかりしてるバンドってやっぱり長生きするんだなあと思った次第。

ちなみに、このエピソードに関わらず、ビッグネームに名を連ねながらも謙虚な姿勢で音楽に取り組む
姿から、メンバーの中ではチャーリー・ワッツがいちばん好きです。


さて、このアルバムではあのエリック・クラプトンもゲスト参加。彼も何年か前にブルースのカバーアルバム
出してましたよね。ミュージシャンとして成功していてもなお、ヒットに溺れず自身がいちばん好きだった音楽
を忘れないのは素敵なことだと思います。

そういえば、同時期にスティングもアルバムをリリースしてましたね。
こちらも、これまでの耳に馴染みやすい路線から久しぶりにロック・ミュージックに回帰だそうで。
邦題が 『ニューヨーク9番街57丁目』 って、岡崎体育なら『中京区金吹町烏丸通御池上ル』ってタイトル
つけそうな気もしなくもない響きだよね。

知らんけど。



富山市ファミリーパークに行ってきた


趣味が高じて Facebook の野鳥好きのコミュニティ(非公開)参加してる話を嫁にしていて、
参加メンバーの中に、どこで撮ってるのか分からないけれど、いつも迫力のあるオオワシの
写真を投稿している人がいることを言ったら、「オオワシならファミリーパークにもおるやん」って
言うので、さっそく次の日に富山市は古沢のファミリーパークに行ってきました。

ちなみにそのコミュニティ内では撮影地を公表することはNGとされているので、オオワシが
どこで撮影されたものかは分かりませんが、日本国内なら今の季節はあそこしかないでしょう・・。

さて、この動物園には無料で入場できるエリアと有料エリアとに別れていて、大きな池のあるここは
無料エリアになります。
まあ、カモだけ撮るなら池の周囲をぐるぐる回るだけでもいいのですが、せっかく来たのと、
今日はぼっちなのでマイペースで歩けることから、有料エリアにも行ってみることにしました。
そもそも、富山市在住者限定の年間パスポート持ってるからこだわる必要もないんだけど(ぉ

IMG_0699

んで、マガモの群れでーす。

田尻池ではごく少数派だったマガモもここでは過半数を占め、あとはカルガモとオオバンくらい
ですかね。ただ、池がけっこう広いため、飛翔中のカモを撮るには打ってつけの場所かもしれません。


IMG_0629

真っ白な冬の空ではなく、ちゃんとした背景があると被写体を目で追うのもずいぶん楽になります。


IMG_0625

やっぱり警戒心が強いのか、すぐに泳いで逃げちゃうのでオナガカモほど構図を考える時間を
与えてくれないマガモさん(苦笑


IMG_0630

カモといえば、ほとんどの人が想像するのはこのマガモなのかな。


IMG_0636

池に顔を突っ込んでいたマガモさん。水滴が良い感じ♪


IMG_0638

綺麗な紫色の翼鏡を見せてくれたかと思ったら、


IMG_0640

お尻だって見せちゃうんだもんねー! サービス、サービスぅ!

言うの忘れていましたが、今日も EOS 7D と 150-600mm F5-6.3 DG OSHSM Contemporary の
ガッチガチにキレッキレの組み合わせで挑みました。

家族連れの多い時期なら遠慮しますが、12月に入ったばかりの平日の午前中に誰が来るって
言うんだ?ってな具合の貸し切り状態だったしね。


IMG_0655

羽毛もだいぶ見飽きたので、毛皮の観察をば・・・。

珍しくアムールトラが(半分)起きていたので、初めて時間をかけて撮りました。
だって、子供連れだと案外じっくりと観て回れないんだもん。


IMG_0665

望遠レンズ越しだけどスゴイ貫禄・・・。


IMG_0652

デカイ手!(驚


IMG_0670

目を閉じているのかと思ったら、遠くに目線をやっていただけのようでした。
それにしても、この毛一本一本の描写の素晴らしさったら言葉にならないね。
耳のあたりに偽色が出ているけど、言われなきゃ気づかない程度だし、質感もじゅうぶん。


IMG_0653

アメマアミメキリン。

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"


IMG_0674

タヌキ(ホンドタヌキ)です。国道でぺちゃんこになってるのならよく見かけるのですが、こうして
生きているのを見るのは久しぶり(


IMG_0676

気持ち良さそうに眠っている姿を紅葉とセットで。


時間も時間(開園直後)なので、お客さんがほぼいない(クマ舎の前でスケッチしている人がいた
程度)静かな動物園って最高やな・・・。

冬期開園初日だったらしいですが、あちこち修繕工事の途中のようで重機がたくさんいました。

そうそう、ここ最近東北から新潟にかけて鳥インフルエンザが流行っているようで、富山ではまだ
被害はないようですが、園内の鳥関係の施設のほとんどは見学を見合わせていました。
なので、オオワシも結局見られず・・・。


IMG_0678

栗とリス・・・。


IMG_0682

園内を散策しながら、木に留まる小鳥も撮れたらいいなと思っていたけど、人間が近づける範囲
には姿を見せてくれないんだよねえ・・・。

他に良い観察&撮影場所が県内にはどこかあるんやろか。

なんて考えながら、まだまだ歩きます。


IMG_0686

そこらへんにいた、白い大きな犬。

・・・ではなくて、シンリンオオカミのサスケ。

一度飼育舎まで来て、何も見えなかったのでその場を後にしたところ、しばらくして遠吠えが
聞こえたので大急ぎで引き返したさ!

もっと 「黙れ小僧!」 感を期待したんだけど、なんか”わさお”っぽくて迫力ないなー。



さて、これまであまり好きじゃなかったファミリーパークも、一人で気ままにブラブラできたら
最高にナイスなスポットだと再認識できました。

ビバ!平日休みの業種!!


と、今日の撮れ高を噛みしめながら、帰り際に西側出口付近にある 『自然体験センター』
という休憩所兼屋内イベント施設の前を通過したところ、中から事務局員風の女性が文字
通り飛び出てきて(めっちゃビビった)、
「冬期開園の記念に喫茶コーナーで温かいおしるこ召し上がって頂けるんですが、いかが
ですか?」 と聞かれたので、なんか必死そうだったから快く中に入ってみると、
その女性の他に喫茶コーナーのおばちゃんと大きいビデオカメラを持った若い女性がいて、
今度は「ケーブルテレビの者ですけど、おしるこ頂いてるところを遠巻きに撮っていいですか?」
と聞かれました。

ここで空気を読んで快諾してしまう自分の人の良さに惚れ惚れしてしまいそうになりながらも、
実はテレビ慣れしている(10年くらい前に4回だけ家電系の地元のテレビ番組に出たことある)
ので、キッチリおしるこ一杯分の仕事をこなして帰ってきましたよっと。

いやあ、本当に何気なく思いつきで来た動物園のオチがこんなことになるとは、思いもよらな
かったですねえ・・・。でも、放送されるのがあくまでも富山市内のケーブルテレビ局の番組内
なので、敢えて放送時間に観ていて気づく人がどれだけいるんだろう(笑

北日本新聞の番組だから、朝刊にもチラッと載っちゃうのかな?


どこかへ行くたびに話のネタがひとつできる人生って楽しいよな。



アクセス
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
α7 (6)
みんぽす
モノフェローズに参加しています
サイト内検索
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR