FC2ブログ

カミソリと昼行燈


インフルエンザに罹って寝込んでいたとき、次男がしきりに部屋の前で 「パパ熱出して寝とるから、おみやげあげるん」 と言って折り紙で作った何かと思しき何かを並べ始めたのを布団の隙間から薄目を開けて見ながら、冥土の土産か?と思っていたら、「お見舞い」 の言いまつがいだったのね。

結局、作ってくれた何かが何か分からないまま快復してそれを机の上に並べている今日このごろ、みなさんいかがお過ごしですか?

世間様ほど忙しく動き回っていないつもりでも、いつの間にか疲れがたまっていたんでしょう、正味3日間ほど床に臥せっていると、これまで抱え込んでいたであろうものがどこかへ行ってしまって、たとえ身体は動かせなくても何だか気持ちが晴れ晴れとしているという不思議な感覚を憶えました。

IMG_3251

というわけで、ここしばらく億劫になっていた写真散歩もボチボチ再始動といった感じです。今回のお題は、『半世紀前のレンズを使って sd Quattro でぼんやり撮ってみよう』 です。いろいろ言いたいこともあるでしょう、でもこれで良いんです。ミラーレスカメラにマウントアダプター経由でオールドレンズを着けて遊びたいだけなんです。開放からシャープとかカリッカリの解像度ってなんだっけ?


SDIM5587

病み上がり後の最初の休日でしたが、親類のパソコンの入れ替えを長芋一本の報酬でやることになったので、約束の時間までちょっと散策をば。場所は呉羽丘陵にある五百羅漢とかがあるようなあの辺りです。


SDIM5589

ペンタキシアンだったころから、散歩に行っては切り株撮ってたのを思い出した。このしっとりした緑色が懐かしい。これが SIGMA のカメラとレンズで撮ったらやや黄色っぽくなるんですよね。それもそれで嫌いではないのだけれど。


SDIM5591

35mm 換算 28mm の画角は久しぶり。これまでずっと標準域よりもやや中望遠ばかりだったから妙に新鮮だ。たいした写真を撮りに来たわけでもないのに、なんだか次々とシャッターを切りたくなってしまった。この散策路はいつか次男を連れてもういちど来てもいいかな、でもまた木の棒を持ち帰ったのを嫁に見つかって怒られるんだろうな。


SDIM5597

機材の持ち味に寄り掛かるのは不本意ながらも、今日は敢えてそれをやる。しかもこれがまたすこぶる面白い。


SDIM5598

逆光がこんなに楽しいとは思ったことはなかった。


SDIM5603

愛用していた 50-100mm F1.8 DC HSM Art なんかだとこういうシチェーションではすっごい汚い緑色のハレーションが起きるんだけど、これは何なんだ? まるで寝起きで散歩しに来たときに見た日の光そのままじゃないか。←それそのものです。


SDIM5596

さておき、この場所はちょっと足場は悪いけれどシグブラ誘致に持ってこいじゃね?とちょっと思った。


スポンサーサイト



PORTAL2


図らずも流行りのインフルエンザに罹ってしまい家から一歩も出られなくなったので、Kubuntu という Linux ディストリビューションを入れたまま放置していたノートPCを弄っているうちにどんどん楽しくなってきてしまい、Steam をインストールしたついでにこれまた購入したまま未プレイだった 『PORTAL2』 で遊んでみたら、これがまあなんともあれというか以前ハマった 『The Talos Principle』 というゲームの元ネタだけあって楽しいったらありゃしない。

20200112214800_1

実は何年も前から古い友人に存在を教えてもらっていたのだけれど、口頭での説明で理解できず(彼が説明下手なのではなく実際に伝えるのが難しい内容のゲームなのである)、動画を観てもいったい何が行われているかわからねーといった感じのままだったのが、いい具合に 『Talos~』 を経由してきたおかげてバッチリ理解できました。


20200113002217_1

いわゆる脱出ゲームではあるのですが、「ポータルガン」でブルーの”穴(ポータル)”を開け、ゲームスタート時にはあらかじめ設置されていて、のちに自分でも開けることができるようになるオレンジポータルの位置をうまく利用しながら、あっちの穴とこっちの穴を行ったり来たりしながらひとつひとつの部屋の謎を解いていくという流れで、ときにはブロックでスイッチを固定させたりと、この手のゲームに良くありがちなギミックも使いつつ進めていくパズル感覚はサイコーっすね。ていうか主人公って女性だったのね、なんだかメトロイド以来の驚きかも(古い)。

リリースは2011年でもはや誰も話題にしなくはなったけれど、未プレイなら絶対オススメです。ふだん何時間も家にいられないとか、家にいても次の日のことで頭がいっぱいという日常から離れる時間が少しでもできたなら、いいリフレッシュができると思います。


ああ、明日から社会復帰か―。



鉄道コレクション 富山地方鉄道ありがとうモハ10020形2両セット


令和元年最後の買い物はこれでした。

IMG_3213

TOMYTEC の 『鉄道コレクション 富山地方鉄道ありがとうモハ10020形2両セット』 でございます。何気に鉄道模型に手を出すのはほぼ初めてです。年末年始は仕事が忙しくてなかなか趣味系のものに意識を向ける余裕がなかったのですが、おかげさまでインフルエンザA型に罹患しましたので、心に余裕を持って遊ぶことができそうです。ああ関節痛い。


IMG_3214

『鉄道コレクション』 といえば主に鑑賞目的でラインアップされているのですが、こうしたパーツを組みことで走行可能状態にすることができます。ただ、メーカー推奨の動力ユニットに付属の台車枠が実車で使用されている FS510 ではないため、購入後もしばらくモヤモヤしていました。もしかして、 FS510 が付属する動力ユニットを別に買わないといけないのか・・・?


IMG_4311

おれがこれまで鉄道模型に手を出すことがなかったのは、しょせん模型はただの模型なので、再現性には限界がある。それならば実車を写真に収めておけば永遠に自分のものにできる、鉄道写真を撮り始めたのはこうした考えがあったからです。ほら、写真だとすごくリアルでしょ、だって本物なんだもん(


IMG_3216

IMG_3215

しかし、台車枠の件は杞憂に終わりました。ちゃんと車両セットのパーツに含まれていたので、余分なものを買うこともなく一件落着です。


IMG_3217

というわけで、さっそくディティールアップと動力化を始めまーす。


IMG_3218

やっぱり地元を走っていた電車の模型ってのは感情移入度合いが違いますなあ。


IMG_3219

できましたー。38℃の熱があっても平気で組立られるほど簡単でしたぞ!


IMGP1132

さて、この富山地方鉄道10020形(モハ10025+モハ10026)は2019年9月末にラストランを迎え、実際に走る姿を見ることはできなくなりました。ならば、やはりこうして模型を手にして往時の姿に思いを馳せるなんてことは本当に贅沢だと思う。インフルエンザが治ったら、今度はガーダー橋脚セット買うんだ。


人間/又吉直樹


令和2年最初の買い物はこれでした。

IMG_3194

お笑い芸人 「ピース」 の又吉直樹の新著、『人間』 でございます。次男にうっかり有名作家と同じ名前を付けてしまった上に、小学校の同級生にこの芸人と同じ苗字の子がいるからではなく、たんに昨年買ったカズオ・イシグロの 『わたしを離さないで』 の文体に疲れたからです。あ、宮部みゆきの 『ICO ~霧の城~ 』 はただのコレクターズ・アイテムです(サウンドトラックCDも 「ワンダと巨象」 といっしょに押し入れから発掘した)。


IMG_3195

べつにファンでもないのにサイン本です。

意外とふつうに売ってるもんなんですねー。柴崎友香の 『わたしがいなかった街で』 もサイン本でしたが、文庫本だと文字が小さくて読みづらいなんてこともないのでオークションで探してみて偶然見つけただけで、ああいうのはもっと大きな書店のイベントかなんかでしか買えないものかと思ってました。とにもかくにも、お笑い芸人としてのキャリアはコンビの相方が迷走していてそれどころではなさそうだし、そもそも彼らの芸など見たこともないし、この本に興味を持ったのはあくまでも作家としての又吉直樹がいてこそなのに、サインではしっかりとコンビ名が先に来ますか。なんかモヤっとするよな。

芥川賞を獲った 『火花』 は有名過ぎて手に取る気になれず、新刊が出たのときいて手に取りましたが、先に柴崎友香を読んでいたおかげか、関西弁でのやり取りがすっと頭に入ってくるので読みやすそうな気がしたのでそのままレジへ。


IMG_3196

ところで、装丁は 「鈴木成一デザイン室」でしたか。上述した宮部みゆきの 「ICO ~霧の城~」 も同じところでした。まあ、ただの偶然ですよね、想定外だけに。


ICO イコ~霧の城~/宮部みゆき


ふと思い出して、こんなものを買ってみました。

IMG_3025

プレイステーション2専用(のちにプレイステーション専用としてリマスター版が発売された)ゲームソフト、『ICO(イコ)』のノベライズ版、しかも著者はあの宮部みゆきという豪華な組み合わせ。基本的にミステリーやサスペンスとかは読まない派なんですが、大好きなゲームソフト(なんならサウンドトラックCDまで持ってた。どっかいっちゃったけど)の小説版を、たとえ自分が苦手なジャンルでも世間の評価の高い作家が手掛けたとなれば、ここは凝り固まらずに受け入れようかと。ただし、思い出すのに15年もかかっちゃったのは本当(ぉ。今回入手できたのは、2004年刊行の初版でございました。

これまではわりと取り留めのない内容の短編だったりを好んで読んでいたわけですが、たまには馴染み深い内容のものを読んでもいいかなと思って。結局は積ん読がまた増えた気がしないでもないですが、気が向いたときにふと手に取れるよう確保したかったのが本音です。

さて、読み始めるのはいつになるかな。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
リンク